コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュクルゴス リュクルゴス Lykourgos

9件 の用語解説(リュクルゴスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュクルゴス
リュクルゴス
Lykourgos

[生]前390頃
[没]前324頃
古代ギリシアアテネの政治家,弁論家。名家の出で,マケドニアの侵略に抗するデモステネスを支持し,カイロネイアの戦いの敗北以後の 12年間,国の財政にあたり,その財政手腕と厳格な社会規律の唱道とによって知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リュクルゴス
リュクルゴス
Lykourgos

ギリシア神話のトラキアの王。信女たちを連れて彼の国に来たディオニュソスに迫害を加え,この神を海底のテティス女神のところに避難させたが,神罰により盲目にされたとも,狂気に陥って自分の妻子をぶどうの木と思い,斧で切殺したともいわれ,自分自身も悲惨な最期をとげたとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リュクルゴス(Lykūrgos)

古代ギリシャスパルタの立法者とされる人物。国制や生活規定を定め、スパルタ発展の基礎をつくったといわれ、伝説上の人物とする説もある。リクルゴス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リュクルゴス

スパルタの伝説的立法者。前11―前8世紀ころ,特異なスパルタの鎖国主義的国制,軍国主義的市民生活などいわゆるリュクルゴスの制度を規定したといわれる。しかしその中には後世の制度も多く含まれ,人物の非実在説も強い。

リュクルゴス

ギリシア伝説中の人物。同名者のうち,ディオニュソスを迫害して盲目になったとも,狂気に陥ったともいわれるトラキア王,スパルタの立法者が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リュクルゴス【Lykourgos】

前390ころ‐前324
アテナイの弁論家,政治家。名門の出でデモステネスに同調する反マケドニア派の重鎮。カイロネイア戦敗北(前338)後の内政とくに財務を担当,アテナイの再建と過去の栄光復元のために高潔な姿勢で政策を推進し,〈大蔵大臣〉として長く信任された。彼が提出した法案は断片的に碑文として残り,現存唯一のまとまった作品《レオクラテス告発弁論》は,ホメロスその他詩人たちの引用で彼の教養をうかがわせる。【細井 敦子】

リュクルゴス【Lykourgos】

ギリシア伝説で,トラキア地方のエドネス族の王。酒神ディオニュソスの崇拝に反対し,その信徒を迫害したため,酒神によって気を狂わせられ,ブドウの木の枝を切っているつもりで息子のドリュアスDryasを切り殺した。その後正気に戻ったが,飢饉のおり,酒神が領民に,王を殺せば作物は実るであろうと告げたので,彼はパンガイオス山中に連行され,馬に殺されたという。【水谷 智洋】

リュクルゴス【Lykourgos】

スパルタの伝説的な立法者。ヘロドトスプルタルコスその他の伝承によれば,前11~前8世紀の間におかれる。アギス,エウリュポン2王家のいずれかに属し,クレタエジプトイオニア地方などを旅行して各地の国制を研究し,長い党争と混乱の中にあった祖国に帰ると,貴族を味方につけて党争を抑え,国制の大綱を規定した〈大レトラ〉と呼ばれる神託をデルフォイからもたらして,秩序の回復に成功した。さらに土地の再分配を断行して貧富の差を取り除き,金銀貨の代りに鉄貨の使用を強制して交換経済の発展を防ぎ,一定の仲間と夕食を共にする共同食事の制度を設け,成文法の作成を禁じ,虚弱な赤児は父親にその遺棄を命じ,7~30歳の男子に集団寄宿生活による厳しい訓練を施し,優秀な男性が優れた人妻をその夫と共有することを認めるなど,広範な改革を推進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リュクルゴス【Lykourgos】

伝説的なスパルタの立法者。実在説では紀元前九~前八世紀の貴族とする。国家の基本体制から生活様式にまでわたる規定を作り、秩序を回復したという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリュクルゴスの言及

【ディオニュソス】より

…彼はまず小アジアを征服,ここで獲得したおもに女性からなる熱狂的な信者たち(バッカイBakchai〈バッコスの信女〉,マイナデスMainades〈狂乱の女〉などと呼ばれる),またいつも彼につき従うサテュロスやシレノスSilēnosなどの山野の精を引き連れて,次はギリシアへと歩を進めた。途中,トラキアでエドネス族の王リュクルゴスに迫害されたのを皮切りに,ギリシアの各地で妨害を受けたが,それらはいずれも彼の神威の前には空しい抵抗にすぎなかった。エウリピデスの悲劇《バッコスの信女》(前405上演)は,彼が従兄ペンテウスPentheusの治めるテーバイに来たときのできごとを描いたもので,それによれば,王の母アガウエAgauēをも含むテーバイの女たちが狂乱の信者の仲間に加わって,松明やテュルソスthyrsos(蔦(つた)を巻き,先端に松笠をつけた杖)を振りまわしつつ山野を乱舞し,陶酔の極に達するや,野獣を引き裂いてくらうなどの狂態を示すに及んだとき,彼の神性を認めようとしないペンテウスは,これを阻止せんとして,かえって母親たちにキタイロンの山中で八つ裂きにされたという。…

【キャベツ】より

…スコットランドではハローウィーンの晩に若い男女が目隠しをして畑に出かけ,手当りしだいに取ってきたキャベツの根を見て,〈土が付いていれば恋が実る〉というように結婚運を占う習慣があった。キャベツが酒の酔いをさますといわれるのは,スパルタの立法者リュクルゴスが酒神ディオニュソスのブドウ畑を荒らして制裁を受けたとき,ブドウづるで縛られた悔しさに涙を落とした場所からキャベツが生えたという伝承によっている。【荒俣 宏】。…

【スパルタ】より

…こうしてギリシア随一の強国となると,現状維持を目的とした反僭主政策を採用して,前510年にはアテナイのペイシストラトス家の僭主政を打倒した。
[国制と生活様式,文化]
 スパルタの国制や市民の生活規範は,リュクルゴスが定めたとされている。彼とその制度については,まだ定説はないが,大レトラをみると,ポリス成立期には2王制,長老会,最終決定権を有する民会という国家機関が存在した。…

※「リュクルゴス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リュクルゴスの関連キーワードヘロドトススパルタ式Σπάρτηへろへろ矢ウスパルタスパルタの黄金を探せ!スパルタイト大レトラスパルタの鍵《ヘロドトス弁護》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone