コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュックサック リュックサック rucksack

翻訳|rucksack

6件 の用語解説(リュックサックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュックサック
リュックサック
rucksack

登山などに必要な品物を入れて背負う布地の背負袋。略してザックともいう。大人用から子供用まで,また荷物の量によって大小さまざまの種類がある。オーストリアの山岳地帯の猟師が携帯したものに始まるとされ,登山の普及とともに世界各地に波及したといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リュックサック(〈ドイツ〉Rucksack)

登山やハイキングなどで、食料や装備を入れて運ぶ背負い袋。ザック。ルックザック

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リュックサック

ルックザックまたは略してザック,リュックとも。登山用の布製背負袋。ふつう両側にサイドポケットをつけ,布地としては木綿,合成繊維製などを使用。スイスの製作者キスリングにちなむキスリング型が最も普及,ほかにノルウェーのベルガンス型,フランスミレー型などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リュックサック【rucksack】

登山やハイキングなどのとき,荷物を入れて背負う布製の袋。ルックザックともいい,リュック,ザックと略称される。日本では古くから荷物を運ぶのに振分け,背負子(しよいこ),背負籠(せおいかご)などの形があり,中国やネパールなどアジア各地でも背負籠が多いが,19世紀ころ登山が盛んになったヨーロッパでは,布製の袋に背負皮をつけたルックザックが利用されるようになった。明治初期には日本にも紹介されたが,登山に使用したのは1910年加賀正太郎がヨーロッパから持ち帰って以来で,このときは三つポケット型であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リュックサック【Rucksack】

登山などに行くとき、荷物を入れて背負う袋。ルックザック。リュック。ザック。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュックサック
りゅっくさっく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュックサックの関連キーワードナップザッククィリン番袋文箱山ガール山スカートバイキング一号バイキング二号ハイキングにでかけようヴァイキング、ヴァイキング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リュックサックの関連情報