コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ9世 ルイきゅうせいLouis IX, Saint Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ9世
ルイきゅうせい
Louis IX, Saint Louis

[生]1214.4.25. ポアッシー
[没]1270.8.25. チュニス付近
フランス王 (在位 1226~70) 。カペー家出身。「聖ルイ」とも呼ばれる。ルイ8世の長男。フランス封建王政の最盛期の王で,正義の王とされた。幼年で即位し,1235年まで母后ブランシュ・ド・カスティーユが摂政をつとめたが,この間のすぐれた統治によりのちの繁栄の基礎が築かれた。親政初期,イングランド王ヘンリー3世に支援された貴族の反乱をタイユブール橋の合戦 (42) で破り,さらにヘンリー自身をブライユに追撃。 43年の休戦以降王国内に大きな動揺の生じることはなかった。諸侯間の調停者として王領内の私戦を禁じ,国王政府から裁判部門である高等法院を独立させ,標準通貨の品位を確定し,地方を監察する巡察官制を定め,王領は,大西洋から地中海にまで拡大した。また2度十字軍遠征を行なった。すなわち 48年第7次十字軍を率いてエジプトに遠征し捕虜となったが,その人柄がイスラム教徒によく理解されて「正義のスルタン」と呼ばれた。釈放後聖地に巡礼して帰国。 70年国内の反対を押して第8次十字軍をチュニスへ発進させ,同市を攻囲したが,疫病のため陣中に没した。神の代理としての王,殉教の王とたたえられ,民衆のなかにも王の権威が浸透し,97年聖人に列せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイ9世

生年月日:1214年4月25日
フランス国王(在位1226〜70)
1270年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ルイ9世の関連キーワードサンルイジデイフランチェージ教会インノケンティウス(4世)シャルル・ダンジューサントシャペル寺院バイバルス[1世]サント(フランス)サン・ドニ修道院十字軍史(年表)セント・ルイスフィリップ3世モンモランシーサンルイ大聖堂サントシャペルブルボン[家]クレメンス4世エーグ・モルトアンジュー家サリンベーネジョアンビルマンフレート

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android