ルコントドリール(英語表記)Leconte de Lisle

デジタル大辞泉「ルコントドリール」の解説

ルコント‐ド‐リール(Leconte de Lisle)

[1818~1894]フランスの詩人本名シャルルマリールコント(Charles Marie Leconte)。高踏派の中心的存在。感情・主観を排し、厳格な形式によって荘重な美の世界を追求した。詩集古代詩集」「夷狄(いてき)詩集」「悲劇詩集」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ルコントドリール」の解説

ルコント‐ド‐リール

(Charles-Marie-René Leconte de Lisle シャルル=マリー=ルネ━) フランス高踏派の詩人。没個性的・客観的な荘重な美の世界を歌った。著に「古代詩集」「夷狄詩集」など。(一八一八‐九四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android