コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドゥー Ledoux, Claude Nicolas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルドゥー
Ledoux, Claude Nicolas

[生]1736.3.21. ドルマンシュルマルヌ
[没]1806.11.19. パリ
フランスの建築家。 J.ブロンデルのもとに学び,ルイ 16世様式で成功,オテル・モンモランシー (1770~72,パリ) などを設計,1773年ルイ 16世の王室建築家に任命された。ブザンソンの劇場 (78~84) ,ショーの製塩工場 (73~79) ,ラビレットの関門 (84~89) などの主要作品がある。 1804年『美術,慣習,法律の各面より考察した建築』L'Architecture considérée dans le rapport de l'art,des mœurs et de la législationを出版,ここに記された理想都市案は,奇想に満ちるだけでなく,現代に通じるものでもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルドゥー(Claude-Nicolas Ledoux)

[1736~1806]フランスの建築家。多数の貴族邸宅を建て、1773年に王室建築家となる。純粋幾何学的形態を用いた革命的建築のスケッチを残した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ルドゥー【Claude‐Nicolas Ledoux】

1736‐1806
フランス新古典主義期の最も独創的な建築家。シャンパーニュ地方ドルマンDormansの商人の家に生まれ,パリに出てJ.F.ブロンデルのもとで建築を学ぶ。その作品集《芸術と道徳および法治の観点より見た建築》2巻(1804,46)中の奇抜な空想的建築の計画案でひろく知られるが,実作品のうえでも大胆な試みを重ね,大革命期を代表する建築家であった。同時代のブレーらと同様,古典様式を抽象化した直截なボリューム表現をとる一方,パラディオ・モティーフ(A.パラディオ)などを駆使した記号的表現によって,建築の内容を直接的に人びとに語りかける,独自の〈語りかける建築architecture parlante〉の手法をつくり出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ルドゥー【Claude-Nicolas Ledoux】

1736~1806) フランスの建築家。ルイ一六世の宮廷建築家として活躍。大胆な幾何学形態の建築案で知られる。パリの各広場の入り口に、独特な様式のパビリオンを造った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルドゥー
るどぅー
Claude-Nicolas Ledoux
(1736―1806)

フランス新古典主義の建築家。マルヌ県ドルマンに生まれる。パリに出てフランソア・ブロンデルのもとで修業。一度もイタリアを訪れたことがなかったが、イタリア建築に深く影響され、とくに古代ローマの遺構を題材にしたピラネージの版画は、彼の建築イメージの供給源となった。1771年以降ルイ15世の寵姫(ちょうき)デュ・バリー夫人から設計を委嘱されるようになり、ルーブシェンヌの別邸を建てたが、この建物はフランス新古典主義の標本といわれるほど多彩なモチーフで装われている。そのほかパリのオテル・テリュッソン(1780)など多数の邸館を設計したが、独自の構想による建築スケッチを集めた『美術、風俗、法規の諸点からみた建築』(1804)によって近年彼の評価が高められた。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルドゥーの関連キーワード天日製塩施設、サランアサドゥッラー・ハーン ガーリブサアーダット・ハサン マントーファイズ・アフマド ファイズクリシャン・チャンダルアーザード(Āzād)ムハンマド アーザードミール(インドの詩人)アルケスナン王立製塩所ジャンムカシミール州ヒンドゥスターニー語ナズィール・アフマドナズィール・アマハドフランソワ ピノーハラール・フードカリー・ボーリーミール・アンマンプレームチャンドアリーガル運動ウルドゥー文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルドゥーの関連情報