コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリシジミ Celastrina argiolus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリシジミ
Celastrina argiolus

鱗翅目シジミチョウ科。前翅長 16mm内外。翅表は雄では全面青藍色であるが,雌では外縁部が広く黒褐色である。裏面灰白色で,小黒色斑が散在する。成虫は春から晩秋まで連続的に出現する。幼虫はフジ,クズ,クララ,ニセアカシアなどのマメ科植物の花やつぼみを食べるほか,その他のいくつかの科に属する植物も食べることが知られている。北海道,本州,四国,九州に産する普通種で,ユーラシア大陸,アフリカ北部に広く分布する。日本産は亜種 C. a. ladonidesという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルリシジミ

鱗翅(りんし)目シジミチョウ科の1種。開張30mm内外,淡い紫青色,雌の翅の外縁部は黒色。裏面は青白色で,黒斑がある。夏型は春型より小さい。日本全土〜ヨーロッパまでユーラシア大陸の中北部に広く分布。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルリシジミ【Celastrina argiolus】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫(イラスト)。雄の翅の表面が明るい青色(瑠璃色)をしているのでこの名がある。雌は外縁の黒色帯が広がり,青色部は狭くなっている。開張2.4~3.5cm。ヨーロッパから中央アジア,シベリア,中国,朝鮮半島サハリンなどを経て日本,さらに北アメリカ,中央アメリカの山地にまで広く分布する。日本では北海道から本州,四国,九州を経て奄美大島にかけて分布するが,南西諸島ではまれ。雑木林のあるところならどこにでも見られる普通種であり,成虫は暖地では3~10月にかけて現れ,この間に4~5回程度の発生を繰り返す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルリシジミ
るりしじみ / 瑠璃小灰蝶
holly blueazure bluehedge blue
[学]Celastrina argiolus

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。北海道より九州にわたり各地に普通にみられ、日本ではシジミチョウ科のもっとも普通の種。しかし、吐(とから)列島以南の南西諸島には分布しない。国外では極東アジアからヨーロッパまでのユーラシア大陸、および北アメリカに広く分布する。はねの開張は27~33ミリ程度。雄のはねの表は淡い瑠璃(るり)色で、黒い縁どりは細く線状であるが、雌は黒色の縁どりが拡大し、黒化の強い夏生の雌では後ろばねは一様に黒褐色となる。はねの裏は雌雄同様で、白色ないし灰白色の地に黒褐色の小斑点(はんてん)がある。春季もっとも早くから現れる種の一つで、日本西南部では第一化の春型は3月中・下旬から、第二化は5月下旬から6月上旬より、以後引き続き発生を繰り返して秋季に及ぶ。幼虫のおもな食草は各種のマメ科植物の花蕾(からい)・新葉であるが、ときにバラ科、タデ科、ミズキ科、ミツバウツギ科、ヒルガオ科、ブナ科、ミカン科、シソ科などでも幼虫が成育することが知られている。蛹(さなぎ)の状態で冬を越す。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルリシジミの関連キーワード日高山脈襟裳国定公園天塩岳道立自然公園ヤクシマルリシジミスギタニルリシジミサツマシジミ蜆蝶・小灰蝶白水

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android