コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・アーブル ルアーブル

百科事典マイペディアの解説

ル・アーブル

フランス北部,セーヌ・マリティーム県の都市。セーヌ川河口北岸,イギリス海峡に臨む港市。マルセイユに次ぐ港で,大西洋航路の発着点。石油の輸入港として有名。造船,機械,製油,化学,セメント,自動車,食品などの工業が行われる。
→関連項目ノルマンディー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ル・アーブル
るあーぶる
Le Havre

フランス北西部、セーヌ・マリティーム県の臨海工業都市。人口19万0905(1999)。パリ北西180キロメートル、セーヌ川の河口右岸に位置し、イギリス海峡に臨む。地中海のマルセイユと並ぶ大貿易港を有し、1517年のフランソア1世による開港以来繁栄し続け、いまでは北米・中南米航路の起点となっている。港から石油をはじめとする工業原料、熱帯作物などを輸入し、工業製品を輸出する。大西洋横断の輸送量は減少傾向にあるが、輸送旅客数は多い。貿易額はマルセイユに次ぎフランス第2位。セーヌ川の上流約88キロメートルに河港をもつルーアン以西の石油化学工業を中心とするバス(低)・セーヌ工業地帯に属し、造船、石油化学、鉄鋼、火力発電、熱帯材の加工、食品、繊維などの工業が港湾活動に結び付いて発達している。しかし、北方28キロメートルのアンチフェールAntiferに石油基地が建設されたため、工業活動の中心が北へ移動しつつある。鉄道、道路、海路、河川交通、航空路に恵まれ、パリにも近接しているため、工業化の進展が著しい。セーヌ川上流約29キロメートルのタンカルビル橋Pont de Tancarville(1959開通)との間には運河も通じている。第二次世界大戦では市街地の大半が破壊されたが、建築家オーギュスト・ペレの都市計画により復興され、近代的な姿となった。小説家ベルナルダン・ド・サンピエール、画家デュフィらの生地。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ル・アーブルの関連キーワードマリア・クリスティナ(スペイン王フェルナンド7世の王妃)ブラック(Georges Braque)ブーダン(Eugène Boudin)ペレ(Auguste Perret)モノー(Gabriel Monod)フォール(Félix Faure)モネ(Claude Monet)ベルナルダン・ド・サン・ピエールベルナルダン・ド・サン・ピエールエミール・オットン フリエスジャン デュビュッフェアルベール マルケノルマンディー号パスキエ家の記録レーモン クノーラウル デュフィデュビュッフェノルウェー号スキュデリースキュデリ嬢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ル・アーブルの関連情報