レオニダス(英語表記)Leōnidas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオニダス
Leōnidas

[生]?
[没]前480. テルモピュレ
古代ギリシア,スパルタの王 (在位前 490頃~480) 。前 480年テルモピュレの隘路で,アケメネス朝の王クセルクセス1世の率いるペルシア大軍の進攻を食止めるために,わずかの手勢を指揮して最後まで戦い,全スパルタ兵ともども討死にした。その英雄的な行為はギリシア人に深い感銘を与えた。

レオニダス
Leōnidas

前3世紀前半のギリシアのエピグラム詩人。南イタリアのタレンツム出身。『ギリシア詞華集』に奉献詩,碑銘詩などおよそ 100編が収録されている。貧しい人々の日常生活を技巧を凝らした字句で綴った作が当時の人々に好まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レオニダス

スパルタ王(在位前487年―前480年)。ペルシア戦争中,テルモピュライの戦で少数のギリシア軍を率いてペルシアの大軍を迎え撃ったが,内通者が出たため300人のスパルタ兵全員とともに戦死。ギリシア武人の範と称された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レオニダス【Leōnidas】

?‐前480
スパルタ王。在位,前488‐前480年。第2回ペルシア戦争においてギリシア側はテルモピュライとアルテミシオン沖を結ぶ線を第1次防衛線とした。彼はギリシア連合軍を率いてテルモピュライに布陣し,戦いは3日にわたったが,ペルシア軍が間道を迂回してギリシア陣を挟撃すると勝敗は決した(テルモピュライの戦)。レオニダスは主力を撤退させ,スパルタ人精鋭300人,テーバイ軍などとともに踏みとどまって戦死,長く英雄としてたたえられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレオニダスの言及

【テルモピュライの戦】より

…北ギリシアを南下進撃してくるペルシア軍に対してギリシア連合軍は,海軍をアルテミシオンに,地上軍を隘路(あいろ)テルモピュライThermopylaiに配置して,これを第1次防衛線とした。テルモピュライ守備についたスパルタ王レオニダス麾下(きか)の連合軍は海軍と呼応してよくクセルクセス1世の前進を阻止したが,ついに攻勢に出たペルシア軍との間に3日間にわたる死闘が展開された。合戦2日目の夕刻からペルシア軍の〈不滅隊(アタナトイ)〉がカリドロモス山中の間道アノパイアを夜を徹して進んでギリシア軍の背後に迫った。…

※「レオニダス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レオニダスの関連情報