レクチン(英語表記)lectin

翻訳|lectin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レクチン
lectin

細胞膜表面の糖鎖に結合し,細胞凝集細胞分裂などの反応を引き起こす物質総称。もともと,植物から数多く単離されたが,特にナタマメコンカナバリンAは有名。レクチンの種類により認識する膜表面鎖も異なり,かなり特異的な細胞反応を引き起こす。コンカナバリンAはT細胞の分裂を誘発する。植物以外にも,昆虫やカニなどに類似活性を持つ物質が発見され,生体防御や組織の発生,分化にかかわっているとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

レクチン【lectin】

と結合するたんぱく質の総称。動植物の細胞膜表面にある糖たんぱく質糖脂質と結合し、細胞を活性化させる。豆類じゃがいもなどの一部の野菜、植物の種子や動物の組織液などに多く含まれる。免疫機能を活性化させウイルス細菌増殖を防ぎ、風邪などを予防するほか、赤血球の凝集、炎症抑制、肌荒れ改善などに効果があるとされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レクチン【lectin】

赤血球をはじめとする特定の細胞を凝集させる能力をもつ一群のタンパク質。植物界に広く分布し,とくに種子に多く含まれていて,種子タンパク質の2~10%を占める。一般に細胞の原形質膜には糖タンパク質や糖脂質が含まれているが,これらの糖鎖は膜外に露出している。レクチンはこれらの内の特定の糖鎖に特異的に結合する。例えばコンカナバリンAは糖鎖末端のα‐マンノース残基に結合し,麦芽アグルチニンはN‐アセチルグルコサミン残基に結合する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レクチン【lectin】

細胞膜を構成する糖タンパク質や糖脂質の糖の部分に結合することによって、細胞凝集・細胞分裂の誘発などを起こす物質の総称。タンパク質から成り、植物種子・細菌・動物の体液や組織中に見られる。細胞表面の糖の検索、複合糖質の特異的精製などに利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のレクチンの言及

【コンカナバリンA】より

…ナタマメの種子に含まれているタンパク質でD‐マンノース,D‐グルコースと特異的に結合する。レクチン(一定の糖構造と特異的かつ多価的に結合する特性をもつ)の代表例であり,グロブリンの一種で,アミノ酸配列は決定されている。分子量は10万2000(四量体)で1サブユニット(構成単位)あたりマンガンとカルシウム各1原子を含んでいる。…

※「レクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レクチンの関連情報