コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早口言葉 ハヤクチコトバ

3件 の用語解説(早口言葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はやくち‐ことば【早口言葉】

同音が重なったりして発音しにくい文句を早口にいうこと。また、その文句。「なげしの上の長なぎなたは誰(た)が長なぎなたぞ」の類。早口そそり早言葉。早言。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はやくちことば【早口言葉】

言語遊戯の一種。同じ音が重なっているなどして発音しにくい文句をまちがえずに早く言うもの。また、その文句。「お綾や親におあやまり」の類。はやくちそそり。はやこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早口言葉
はやくちことば

正確に発音しにくかったり、語呂(ごろ)がよくておもしろい一連の決まり文句を、間違えずに早口にいう言語遊戯、また、その文句。「早口」「早言(はやごと)」「早口そそり」ともいい、遊びのほか、アナウンサーの訓練など発音練習にも利用される。発音が混乱しやすい「舌もじり」と、早口で唱えることが主眼の「早口言葉」とに区別することもある。「生麦生米生卵(なまむぎなまごめなまたまご)」「青巻紙赤巻紙黄巻紙(あおまきがみあかまきがみきまきがみ)」「書写山(しょしゃざん)の社僧正(しゃそうじょう)」「隣の客はよく柿(かき)食う客だ」など類音が連続・接近して発音しにくいものや、「李(すもも)も桃(もも)ももう売れた」「瓜(うり)売りが瓜売りにきて瓜売れず売り売り帰る瓜売りの声」などの同音反復・畳語(じょうご)の類、「神田鍛冶町(かんだかじちょう)角の乾物屋で買った勝栗(かちぐり)堅くて噛(か)めない返して帰ろう」のように類音の語句を並べて楽しむものなどがある。なお、「扇に玉」のように、早口でいうと別の滑稽(こっけい)な言葉に聞こえる変種もある。
 同趣の言語遊戯は、イギリスのtongue twisterや中国の「早口令」など諸外国にもある。日本では、古くから畳語を用いた歌謡や「早歌(はやうた)」「早物語(はやものがたり)」など早口で言い立てる芸能があり、とくに江戸時代には歌舞伎(かぶき)『外郎売(ういろううり)』の口上や端唄(はうた)、落語、黄表紙、狂歌などにより流行した。[清水康行]
『綿谷雪著『言語遊戯の系譜』(1964・青蛙房) ▽鈴木棠三著『ことば遊び』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早口言葉の関連キーワード同音異義語言い難い謳い文句舌捩り為難い難球繰言葉酸桃も桃も桃の類生麦生米生卵迷文句

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早口言葉の関連情報