レジスター

精選版 日本国語大辞典「レジスター」の解説

レジスター

〘名〙 (register)
① 金額などのボタンを押すと、自動的に出納した金額明細などを計算・登録する機械。金銭登録器レジ。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
※自由の彼方で(1953‐54)〈椎名麟三〉一「マスターは、レジスターの前で、マネージャーと売上げの伝票を調べはじめていた」
② 商店・飲食店などで、客からの支払いを受ける場所。また、そのの人。レジ。
故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉七「彼女は大学に近い喫茶店のレヂスターをやってゐて」
③ 諸競技への参加者が、氏名・資格などを登録すること。また、その登録簿。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「レジスター」の解説

レジスター(register)

金銭登録器のこと。レジ。
スーパーマーケット・デパート・飲食店などで、金銭登録器を備えて客からの支払いを受ける場所。また、その係。レジ。
コンピューターで、中央処理装置CPU内部に置かれ、データ処理の際に演算結果などを一時的に記憶しておく装置。アキュムレーターアドレスレジスタープログラムカウンターなど用途に応じた専用のレジスターや、複数の用途に使われる汎用レジスターがある。置数器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「レジスター」の解説

レジスター

(1)→キャッシュ・レジスター(2)置数器。コンピューターの計算回路などに組み込まれた装置で,特定の目的のために1語から数語,または数けたの情報を記憶させ,必要なときその内容を利用できるようにしたもの。主記憶装置に比べはるかに高速。
→関連項目記憶装置計算回路

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「レジスター」の解説

レジスター

CPUの内部にあるデータを、一時的に保存しておくための記憶回路。CPUの演算処理のために用いる汎用レジスターなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android