コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レスコフ レスコフLeskov, Nikolai Semënovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レスコフ
Leskov, Nikolai Semënovich

[生]1831.2.16. オリョール
[没]1895.3.5. ペテルブルグ
ロシアの小説家。官吏の子として生れ,少年時代は修道院で過した。のち職を転々としながらロシア中を旅行した。 1860年代初めに文筆活動を開始し,『どんづまり』 Nekuda (1864) などの長編で当時の革命的インテリを嘲笑したため,反動作家のレッテルを張られた。リアリズム作家としての才能が遺憾なく発揮されているのは,才能ある農奴の悲運や,分離派教徒の生活を克明に描いた『魅せられた旅人』 Ocharovannyi strannik (73) ,『美容師』 Tupeinyi khudozhnik (83) ,『僧院の人々』など中期以後の作品である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レスコフ(Nikolay Semyonovich Leskov)

[1831~1895]ロシア小説家。国内各地を遍歴し、民衆ことばを生かした独特の説話体を確立した。作「僧院の人々」「魅せられた旅人」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

レスコフ

ロシアの作家。中部ロシアの出身で,民衆の世態風俗,民衆語についての広い知識を武器に物語性豊かな独自の作品世界をつくりだした。《ムツェンスク郡のマクベス夫人》(1864年),《僧院の人々》(1872年),《魅せられた旅人》(1873年)などが代表作。
→関連項目ショスタコービチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レスコフ【Nikolai Semyonovich Leskov】

1831‐95
ロシアの小説家。オリョール県の官吏の家の生れ。父の死後,中学を中退し,役人などの職業やキエフ大学聴講生を経て,商会の外交員としてロシア各地を旅行し,当時の作家としては異例なロシアのあらゆる地域や階層についての実際的知識やウクライナ語ポーランド語を身につけた。1860年代にジャーナリストとして出発するかたわら小説を書きはじめ,中編《じゃこう牛》(1863),《ムツェンスク郡のマクベス夫人》(1865)などを発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

レスコフ【Nikolai Semyonovich Leskov】

1831~1895) ロシアの小説家。ロシア全土を旅行した経歴から精緻豊饒ほうじような説話体を生んだ。特異なストーリー-テラーとして知られる。代表作「僧院の人々」「魅せられた旅人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レスコフ
れすこふ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レスコフの関連キーワードセローフ(Valentin Aleksandrovich Serov)エイヘンバウム2月16日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android