レッド・データ・ブック(読み)れっどでーたぶっく(英語表記)Red Data Book

翻訳|Red Data Book

日本大百科全書(ニッポニカ)「レッド・データ・ブック」の解説

レッド・データ・ブック
れっどでーたぶっく
Red Data Book

絶滅危機に瀕(ひん)している野生生物の状を記録した資料集。

 野生生物を保護し、の絶滅を防ぐには、まずそれぞれの種の置かれている生息の現状を科学的に把握しなければならない。そのため国際自然保護連合IUCN)が、世界的な規模で絶滅のおそれのある野生の動植物の種を選び出し、その現状を明らかにするために編集・発行したのが『レッド・データ・ブック』である。2012年版のレッド・リスト(レッド・データ・ブックの基礎となるリスト)には、2万0219種の絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)が記載されている。

 『レッド・データ・ブック』の初版は1966年発行で、絶滅の危機に瀕している野生動植物種の国際間の商取引を規制するワシントン条約CITES(サイテス))など各種の国際条約や、各国政府が保護施策を作成するための基礎資料として広く活用されている。初版発行時、種が直面する危険度により(1)絶滅したものExtinct、(2)絶滅に瀕しているものEndangered、(3)危険な状態にあるものVulnerable、(4)希少なものRare、(5)不確かなものIndeterminate、(6)危機を免れたものOut of Dangerの六つのカテゴリーを設けた。しかし、その後(7)データ不足Insufficiently Know、また無脊椎(むせきつい)動物編の編集にあたって、上記のカテゴリーのほかに、無脊椎動物に限り(8)商取引によって脅かされているものCommercially Threatened、(9)商取引によって脅かされている集団Threatened Community、(10)商取引によって脅かされている現象Threatened Phenomenonの区分を加えた。

 イギリスなど欧米諸国ではIUCNのレッド・データ・ブックに準じた国内版レッド・データ・ブックを作成している。日本でも、1991年(平成3)に環境庁(現、環境省)より、種の保存を図るため野生生物全般を対象とした絶滅のおそれのある種を集めた日本版レッド・データ・ブックが発行された。

 その後、IUCNはカテゴリー分けとその基準の全面改定を行い、2000年以降のレッド・リストでは
(1)絶滅Extinct(EX) すでに絶滅したと考えられる種
(2)野生絶滅Extinct in the Wild(EW) 飼育・栽培下でのみ存続している種
(3)絶滅危惧種Threatened
  (a)絶滅危惧ⅠA類Critically Endangered(CR) ごく近い将来、野生での絶滅の危険性がきわめて高いもの
  (b)絶滅危惧ⅠB類Endangered(EN) ⅠA類ほどではないが、近い将来、野生での絶滅の危険性が高いもの
  (c)絶滅危惧Ⅱ類Vulnerable(VU) 絶滅の危険が増大している種
(4)準絶滅危惧Near Threatened(NT) 現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては上位ランクに移行するおそれのある種
(5)軽度懸念Least Concern(LC) 上記のいずれにも該当しない種。分布が広いもの、個体数の多い種が含まれる
(6)情報不足Data Deficient(DD) 評価するための情報が不足している種
と区分している。

 これを受け、見直しを行った日本版レッド・リストは、IUCNの新カテゴリーを基にした日本版新カテゴリーを採用した。日本では数値的に評価不可能な種も多いので、定性的要件と定量的要件を組み合わせた新たなカテゴリーを策定している。また、無脊椎動物、維管束植物以外の植物については、絶滅危惧ⅠA類・ⅠB類を区別せず、絶滅危惧Ⅰ類としている。この日本版レッド・リストを基に、おおむね10年ごとに日本版レッド・データ・ブックは刊行されている。日本では絶滅危惧種に指定されると、その生物の保護が進むかというとそうでもない。レッド・リストは野生生物の保護を進めるために活用されることを目的につくられたもので、法的な規制力はなく、絶滅危惧種の保護は「種の保存法」によるところが大きい。なお、レッド・データ・ブックには環境省版のほか、水産庁や学会、都道府県、NGO作成のものがある。

[加瀬信雄]

『『レッドデータアニマルズ――日本絶滅危機動物図鑑』(1992・JICC出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「レッド・データ・ブック」の解説

レッド・データ・ブック

国際自然保護連合(IUCN)の種保存委員会(SSC)が,世界自然保護基金(WWC)や国連環境計画UNEP)などの協力を得て作成した,絶滅の恐れのある生物種の種別データ集。1966年から加除式で刊行され,1981年にブック形態に変わった。現在,編集は世界自然保護モニターセンターで行われ,これまで10巻刊行されている。〈レッドリスト2000年版〉によると,絶滅の恐れがある種は動物5435種,植物5611種に達している。各国別のレッド・データ・ブック作りも進められており,日本では環境庁が1991年の調査結果に基づき《日本の絶滅のおそれのある野生生物(レッド・データ・ブック)》(動物編2巻,植物編1巻)を刊行した。環境庁(現,環境省)では,1994年のIUCN新カテゴリーに準拠して,1997年に次のようなカテゴリーを策定した。絶滅,野生絶滅,絶滅危惧(I・II類),準絶滅危惧,情報不足,付属資料(絶滅の恐れのある地域固体群)。2000年4月に発表されたリストでは,国内に生息する昆虫,クモ,甲殻類などの無脊椎動物423種が絶滅危惧にランクされ,1991年に作られた前回リストに比べて新たに319種が加わっている。
→関連項目絶滅動物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のレッド・データ・ブックの言及

【希少動物】より

…生息数が極端に少なく,保護策を講じない限り,近い将来に絶滅するおそれがあると思われる動物の種,亜種で,天然記念物に指定されたり,ワシントン条約で輸出入が禁止され,あるいはIUCN(国際自然保護連合)のレッド・データ・ブックRed Data Bookに掲げられて保護の必要が訴えられたものが,おおよそこれに該当する。希少動物には,過度の特殊化により自然環境の変化に対応できなくなったり,新しい競合種の出現によって生息域が狭められるなどの自然現象に基づくものと,本来は多数生息していたのに,人類の自然破壊や捕獲の結果個体数が激減した人為的な原因に基づくものとがある。…

※「レッド・データ・ブック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android