コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフォルマ レフォルマReforma

2件 の用語解説(レフォルマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レフォルマ
レフォルマ
Reforma

1854~76年主として B.フアレスの指導のもとに行われたメキシコ自由主義的政治・社会改革。この改革は A.サンタ・アナの独裁に対する反乱として,J.アルバレスと I.コモンフォルトアユトラ綱領によって火ぶたが切られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レフォルマ【Reforma】

メキシコ史の用語で〈改革時代〉と訳される。狭義にはメキシコの三年戦争呼ばれる改革戦争(1858‐61)を指すが,むしろ,1854年A.L.deサンタ・アナ失脚後マクシミリアン皇帝の君主政が崩壊し,B.フアレス大統領に再選される時期(1867)までの,保守陣営と革新派勢力との一連の闘争時期を意味すると考えるのが妥当である。そのため,レフォルマ相反する主義主張の陣営が,自己の確信する政治理念に従って,メキシコ独立以来の混迷と国土の荒廃状態から脱して,近代国家へ転換するため,建国の礎をいかに完成させるかを模索する苦悩の時代といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレフォルマの言及

【メキシコ】より

…この未曾有の敗北の中で54年自由主義派が権力を握り,近代化を目ざす諸改革法と1857年憲法を制定した。個人の権利を尊重し,自由放任主義経済と政教分離を主張した自由主義派の人々は,この〈レフォルマ〉として知られる改革の時代(1854‐67)を通じてメキシコ近代化の基礎をつくった。とくにカトリック教会は改革政治の的となった。…

【レルド法】より

…教会の永代財産相続禁止と,教会活動に不可欠な不動産を除去した既所有財産の売買・運営の禁止を規定している。メキシコ市参事会議長をはじめ,勧業,外務,大蔵大臣を歴任した彼は,B.フアレスなどとともにレフォルマで保守反動勢力と闘った主要人物の一人であった。無定見のサンタ・アナ時代にメキシコの国土のほぼ半分がアメリカに割譲されたのを契機として,保守勢力の経済的基盤と結びつく教会財産を改革する機運が生じた。…

※「レフォルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

レフォルマの関連キーワード安政安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震下田条約嘉永了仙寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レフォルマの関連情報