コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフォルマ レフォルマReforma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レフォルマ
Reforma

1854~76年主として B.フアレスの指導のもとに行われたメキシコの自由主義的政治・社会改革。この改革は A.サンタ・アナの独裁に対する反乱として,J.アルバレスと I.コモンフォルトのアユトラ綱領によって火ぶたが切られた。 55年サンタ・アナは亡命し,フアレス法によって教会と軍人の特権が失われた。翌年レルド法によって教会の封建的土地所有が大きく制限され,これに反対する教会や保守派の先住民 (インディオ) の反乱が各地に起った。 57年諸改革を取入れた自由主義憲法が制定されたが,61年フアレスが大統領に就任するまで内乱状態が続いた。この内乱中,フアレスは教会財産没収法など一連の反教会的改革法を施行し,このため3世紀にわたって卓越した教会勢力は打倒された。 62年ナポレオン3世の侵略を受け,以後マクシミリアン皇帝が銃殺されるまでの5年間,フアレスは撤退しながらも頑強に抵抗を続け,67年再びメキシコシティーに凱旋した。フアレスは 67,71年の2回合法的に大統領に選出され,任期中は経済開発が進められ産業が発展するとともに,教育制度も整備された。フアレスの死後も S.レルド・デ・テハダが改革法にのっとった政治を続けたが,76年 P.ディアスが政権を握ってからメキシコは再び独裁と保守政治の時代に戻った。レフォルマの基本には,私的契約,私的所有と人権の尊重といった近代的個人主義が指導理念となっていて,その形式主義的改革が,教育を受けず,伝統的な共有地 (エヒード) 耕作にすがりついて生活をおくっていたインディオたちに不利な結果をもたらした場合が多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レフォルマ【Reforma】

メキシコ史の用語で〈改革時代〉と訳される。狭義にはメキシコの三年戦争と呼ばれる改革戦争(1858‐61)を指すが,むしろ,1854年A.L.deサンタ・アナ失脚後マクシミリアン皇帝の君主政が崩壊し,B.フアレスが大統領に再選される時期(1867)までの,保守陣営と革新派勢力との一連の闘争時期を意味すると考えるのが妥当である。そのため,レフォルマは相反する主義主張の陣営が,自己の確信する政治理念に従って,メキシコ独立以来の混迷と国土の荒廃状態から脱して,近代国家へ転換するため,建国の礎をいかに完成させるかを模索する苦悩の時代といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレフォルマの言及

【メキシコ】より

…この未曾有の敗北の中で54年自由主義派が権力を握り,近代化を目ざす諸改革法と1857年憲法を制定した。個人の権利を尊重し,自由放任主義経済と政教分離を主張した自由主義派の人々は,この〈レフォルマ〉として知られる改革の時代(1854‐67)を通じてメキシコ近代化の基礎をつくった。とくにカトリック教会は改革政治の的となった。…

【レルド法】より

…教会の永代財産相続禁止と,教会活動に不可欠な不動産を除去した既所有財産の売買・運営の禁止を規定している。メキシコ市参事会議長をはじめ,勧業,外務,大蔵大臣を歴任した彼は,B.フアレスなどとともにレフォルマで保守反動勢力と闘った主要人物の一人であった。無定見のサンタ・アナ時代にメキシコの国土のほぼ半分がアメリカに割譲されたのを契機として,保守勢力の経済的基盤と結びつく教会財産を改革する機運が生じた。…

※「レフォルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レフォルマの関連キーワードディアス(Porfirio Díaz)エル・エスコリアルメキシコ湾岸油田レフォルマ油田有機金属化合物メキシコ(市)サンタ・アナメキシコ遠征ラスパイユメキシコ史油田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レフォルマの関連情報