コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンゲショウマ

3件 の用語解説(レンゲショウマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レンゲショウマ

本州中部の山中の林間にはえるキンポウゲ科多年草。高さ40〜80cm。葉は多くは根生,少数が茎の下半部につき,2〜3回3出複葉となる。7〜8月,茎の上部に数本の長い花柄を出し,淡紫色で径3〜3.5cmの花を下向きに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レンゲショウマ【Anemonopsis macrophylla Sieb. et Zucc.】

本州中部の深山の,主として落葉広樹林のなかに生えるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。日本固有の1属1種の植物。発達した根茎をもち,高さ40~80cm。根生葉と下部茎葉は大型で少数つき,2~4回3出複葉である。小葉は卵形,ときに3浅裂し,粗くて鋭い鋸歯がある。葉柄の基部は広がって鞘(さや)となり,茎を抱く。上部の茎葉は小さく,分裂は簡単になり,葉柄は短い。7~8月に数個ないし十数個の花をゆるく,しばしば下部で分岐した総状の花序につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンゲショウマ
れんげしょうま / 蓮華升麻
[学]Anemonopsis macrophylla Sieb. et Zucc.

キンポウゲ科の多年草。地下茎は太く、横にはう。茎は高さ30~80センチメートル。葉は大形の2~3回3出複葉で、鈍い光沢があり、小葉は粗い鋸歯(きょし)がある。7~9月、茎の先にまばらな円錐(えんすい)花序をつくり、径約3センチメートルの淡紫色花を5、6個下向きに開く。大きく、よく目だつ花弁状の萼片(がくへん)の内側に、それより小形で蜜腺(みつせん)のある花弁がある。果実は袋果(たいか)で、柄が曲がって上向きに伸びて熟し、ひだのある種子を含む。1属1種の日本特産植物で、山地の落葉広葉樹林内に生え、福島県から奈良県に分布する。名は、花がハスに似ており、葉を含めた全体のようすがサラシナショウマに似ることによる。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンゲショウマの関連キーワードアカハラ夏緑樹林タイガブナ山地帯深山榛の木小蕙蘭竹縞蘭一葉楓深山柳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レンゲショウマの関連情報