コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンゲショウマ

百科事典マイペディアの解説

レンゲショウマ

本州中部の山中林間にはえるキンポウゲ科多年草。高さ40〜80cm。葉は多くは根生少数の下半部につき,2〜3回3出複葉となる。7〜8月,茎の上部に数本の長い花柄を出し,淡紫色で径3〜3.5cmの花を下向きに開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レンゲショウマ【Anemonopsis macrophylla Sieb. et Zucc.】

本州中部の深山の,主として落葉広樹林のなかに生えるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。日本固有の1属1種の植物。発達した根茎をもち,高さ40~80cm。根生葉と下部茎葉は大型で少数つき,2~4回3出複葉である。小葉卵形,ときに3浅裂し,粗くて鋭い鋸歯がある。葉柄基部は広がって鞘(さや)となり,茎を抱く。上部の茎葉は小さく,分裂は簡単になり,葉柄は短い。7~8月に数個ないし十数個の花をゆるく,しばしば下部で分岐した総状花序につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンゲショウマ
れんげしょうま / 蓮華升麻
[学]Anemonopsis macrophylla Sieb. et Zucc.

キンポウゲ科の多年草。地下茎は太く、横にはう。茎は高さ30~80センチメートル。葉は大形の2~3回3出複葉で、鈍い光沢があり、小葉は粗い鋸歯(きょし)がある。7~9月、茎の先にまばらな円錐(えんすい)花序をつくり、径約3センチメートルの淡紫色花を5、6個下向きに開く。大きく、よく目だつ花弁状の萼片(がくへん)の内側に、それより小形で蜜腺(みつせん)のある花弁がある。果実は袋果(たいか)で、柄が曲がって上向きに伸びて熟し、ひだのある種子を含む。1属1種の日本特産植物で、山地の落葉広葉樹林内に生え、福島県から奈良県に分布する。名は、花がハスに似ており、葉を含めた全体のようすがサラシナショウマに似ることによる。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レンゲショウマの関連キーワード九州中央山地国定公園サラシナショウマユキノシタ科吉永 虎馬植物区系草蓮華

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android