コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンコン

栄養・生化学辞典の解説

レンコン

 [Nelumbo nucifera].スイレン目ハス科ハス属の多年性草木ハスの地下茎で,食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

レンコン

《栄養と働き》


 中国あるいはエジプト、インドが原産地といわれています。ハスの地下茎の先端部が肥大した部分で、冬から春先にかけて収穫されます。
 わが国に入ってきたのは鎌倉時代で、おもに観賞用に花を育てていました。食用として本格的に栽培がはじまったのは明治時代以降です。
 レンコンには葉柄(ようへい)に酸素を送るための通気孔として、10個程度のあながあります。
 この独特の形を「見通しがきく」として、おめでたい席での料理によく用いられます。
〈便秘を解消する食物繊維を豊富に含む〉
○栄養成分としての働き
 主成分は炭水化物で、たんぱく質、ミネラルは少ないのですが、ビタミンCは豊富です。Cは肌の新陳代謝(しんちんたいしゃ)を活発にしてシミ・ソバカスを防ぎます。たんぱく質とともに働いてコラーゲンの生成をうながしたり、粘膜(ねんまく)を丈夫に保つ働きもあるので、かぜの予防にも効果的。
 便秘(べんぴ)に有効なペクチン、ヘミセルロースなどの食物繊維も豊富。腸内細菌をととのえ便通をよくします。腸内でコレステロールを吸着して、排出する働きもあるので、動脈硬化予防にも役立ちます。
〈たんぱく質を消化し、疲労を回復させる〉
 レンコンを切ると糸を引きますが、ねばねばした成分には胃腸の粘膜を保護する働きがあります。
 さらに、消炎作用や収れん作用のあるタンニンという成分が含まれており、胃の負担を軽減し、疲れた胃腸のトラブルを解消するのに役立ちます。タンニンは血圧降下作用、止血作用、抗酸化作用にも効果が期待できます。

《調理のポイント》


 傷がなく、茶色に変色していないものを選びます。あなの中が赤みがかっていたり、茶色っぽくなっているものは避けます。あなが小さいもの、節と節のあいだが長くて太いものが良質です。
 切ったままにしておくと酸化して色がかわってしまうので、すぐに酢水につけます。下ゆでする際も、酢を少々加えるといいでしょう。シャキシャキした歯触りが残るよう、短時間でゆでるのがコツ。鉄鍋に触れると青紫色に変化するので注意が必要です。
 お正月料理の酢ばすが知られていますが、てんぷらや煮しめ、五目寿司の具などにも利用できます。
 二日酔いには、レンコンとナシをミキサーにかけてつくったジュースを飲むといいといわれています。レンコンの節のあるところを100gとナシ1個分が1人分です。レンコンとナシの組み合わせは、せきやたんにも効果的です。また、レンコン入りのおかゆは滋養強壮(じようきょうそう)にいいとされ、レンコンの絞り汁は下痢(げり)止めに有効です。
○注意すべきこと
 さまざまな薬効があり、栄養素もあるレンコンですが、食べすぎには注意が必要です。
 熱があって便秘をする人は、逆に胃腸に負担をかけるので、ひかえめにしましょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

レンコンの関連キーワードしろいしみのりちゃん徳島県板野郡北島町茨城県稲敷郡河内町タンドリーチキン福神漬け・福神漬からしれんこんだるまれんこんメロンチック黒豆の五目煮大口れんこん岩国レンコン唐比れんこん加賀れんこん姫路レンコン波知須乃波比霞ヶ浦[町]ハス(蓮)ジャッカス福富〈町〉由宇[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レンコンの関連情報