コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー測距 レーザーそっきょ laser geodesy

3件 の用語解説(レーザー測距の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー測距
レーザーそっきょ
laser geodesy

レーザーの高い指向性を利用して2点間の距離を測定する方法。ある2点の間でレーザー光線を往復させ,所要時間からその距離を求める。2点間の距離や環境により,適したレーザー光線や装置の種類が使い分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レーザー‐そっきょ〔‐ソクキヨ〕【レーザー測距】

レーザーを用いて2点間の距離を測定すること。レーザーを対象に向けて射出し、反射して戻ってくるまでの時間または位相差から距離を求める。レーザーは指向性が高く、また位相が揃っているため、高精度の測距が可能になる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レーザーそっきょ【レーザー測距】

レーザー光を用いて距離を測定すること。光を用いて距離を測定する光波測距儀の原理は電波測距儀とまったく同様である。強弱の波に変調した光を発射し,この波と反射して返ってくる光の位相差を測定して距離を求める。この光に大きな出力が得られやすく,かつコヒーレンスの性質が優れたレーザーを用いると分解能や精度を高めることができる。レーザービームを送信望遠鏡でひろげ,かつ平行ビームとして発信し距離Rの物体に照射する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のレーザー測距の言及

【レーザー兵器】より

…レーザー兵器には,レーザー光を利用して目標の標定,識別,ミサイル誘導などを行うレーザー応用兵器と,レーザー光のエネルギーで目標を破壊するレーザー・ビーム兵器とがある。レーザー応用兵器が最初に実用化されたのは1960年代中ごろで,短パルス・レーザー光の往復する時間から目標までの距離を計測する装置(レーザー測距装置)が各国の戦車に搭載された。その後,レーザー測距装置は双眼鏡型の小型携帯用のもの,赤外線装置等と組み合わせた対空射撃照準システム,航空機搭載測距システムなど種々の兵器システムに用いられている。…

※「レーザー測距」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レーザー測距の関連キーワードレーザーマウスレーザー通信レーザー兵器ArレーザーKrレーザーレーザー療法レーザーレーダーレーザートラッピング月レーザー測距装置レーダー測距

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーザー測距の関連情報