コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシア軍艦対馬占領事件 ロシアぐんかんつしませんりょうじけん

百科事典マイペディアの解説

ロシア軍艦対馬占領事件【ロシアぐんかんつしませんりょうじけん】

対馬事件とも。1861年2月からロシア軍艦ポサドニック号が対馬占領を企て滞泊した事件。英国の対馬占領の野心を牽制(けんせい)するため船体修理を口実に対馬浅茅(あそう)湾に停泊したポサドニック号は3月芋崎(いもざき)に兵舎を建設,付近の永久租借権を要求。対馬藩島民は激烈に抵抗し,幕府も外国奉行小栗忠順を派遣して撤退を求めたがロシア艦は動かず,英公使オールコックの協力申し出により英艦2隻が派遣され威嚇,8月ようやく退去した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロシアぐんかんつしませんりょうじけん【ロシア軍艦対馬占領事件】

幕末にロシア軍艦が数ヵ月対馬芋崎(現,長崎県下県郡美津島町)を占拠した事件。1861年(文久1)2月ロシア軍艦ポサドニック号が船体修理を理由に対馬浅茅(あそう)湾の尾崎に停泊,付近を測量し,3月芋崎に永住施設を建設して居座った。対馬藩の抗議に対し艦長ビリリョフは芋崎付近の租借権を強請,藩民との紛争も絶えなかった。幕府は5月外国奉行小栗忠順(ただまさ)を派遣したが効果なく,6月藩は幕府に移封願を提出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロシア軍艦対馬占領事件の関連キーワード露艦対馬滞泊事件対馬事件

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android