コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロス・カティオス国立公園 ロス・カティオスこくりつこうえんLos Katíos National Park

1件 の用語解説(ロス・カティオス国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロス・カティオス国立公園
ロス・カティオスこくりつこうえん
Los Katíos National Park

コロンビア北西部チョコ州アトラト川沿いのジャングルと湿原,丘陵からなる国立公園。国境を挟んでパナマダリエン国立公園へとつながる。面積 720km2。 1973年指定。約 100万年前の氷河期とそれに続く間氷期に多くの熱帯雨林が水没したにもかかわらず,この地は水没を免れたことと,中央アメリカと南アメリカの接合部として両生態系が混交したため,動植物の種が非常に豊富であり,貴重な固有種も多い。長大な板状の板根をもつカポックノキなど植物では4分の1が地方固有種となっている。また,ジャングルにはオセロットジャガー,ベアードバク,マントホエザルアルマジロ類,鳥類などこの地独特の動物が生息する。 1994年世界遺産自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone