コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロス海 ロスかいRoss Sea

6件 の用語解説(ロス海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロス海
ロスかい
Ross Sea

南極大陸沿岸のほぼ東経 170°~西経 155°の海域。ビクトリアランドとメリーバードランドにはさまれた入江部であるが,奥部は広大なロス棚氷におおわれている。水深は大部分が 1000m以下である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロス‐かい【ロス海】

Ross Sea》南極大陸の太平洋側の湾入部。南緯70~85度、東経165度~西経155度に位置し、南部はロス棚氷に覆われる。1841年、英国のジェームズ=ロスが発見。西岸にビクトリアランド、東岸にマリーバードランドがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロス海【ロスかい】

南極大陸の太平洋側にある湾入部。英語でRoss Sea。ビクトリアランドのアデア岬(東経170°15′)とエドワード7世半島のコルベック岬(西経158°10′)の間で,南緯77°以南はロス棚氷(ほうひょう)におおわれている。
→関連項目エレバス[山]南極海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロスかい【ロス海 Ross Sea】

南極の南緯70゜~85゜,東経165゜~西経155゜の間にある南極大陸入り込む海。南緯77゜以南はロス棚氷で覆われる。水深は1000m以浅が多く,大陸棚が発達し,大陸棚の外縁にペンネル堆Pennell Bank(水深300m)がある。ロス棚氷下の水深は500~800m。底質は氷河堆積物が多い。水温は+2~-2℃,塩分量は33.5~34.7‰。ロス棚氷の縁では50~150cm/sの西向きの海流があり,南緯70゜付近では約30cm/sと弱まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロスかい【ロス海】

南極大陸の太平洋側にある湾入部。南部はロス棚氷に閉ざされる。1841年ロスが発見。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロス海
ろすかい
Ross Sea

南極の南緯70~85度、東経165度~西経155度の間にある南極大陸へ入り込む海。南緯77度以南はロス棚氷(たなごおり)に覆われている。水深は大部分が1000メートル以浅で、大陸棚が発達している。大陸棚の外縁付近に水深300メートルのペンネル堆(たい)Pennell Bankなどがある。ロス棚氷下の水深は500~800メートル。底質は氷河堆積(たいせき)物がほとんどで、水温は2℃~零下2℃、塩分濃度は33.5~34.7。沖合いでは水温が0℃以上になるが、大陸棚の上ではほぼ零下2℃で、塩分濃度の変化も少ない。棚氷の氷縁付近では1~3ノットの西向きの流れがあり、南緯70度付近では0.5ノットと弱まる。1841年イギリスのジェームズ・ロスが発見、命名した。ロス海西部は夏に海氷が少なく、昔から多くの探検船が進入した。白瀬隊の開南丸もロス棚氷の氷縁沿いに東航し、開南湾、大隈(おおくま)湾を発見した。ロス海での捕鯨は激減したが、大陸棚の石油やガス資源が注目されている。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロス海の関連キーワード日経225ミニ酒石酸あしべ大日本史揚げ物大館盆地会計管理者鹿児島(県)ポル・ポト派パレスチナの人口動態

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロス海の関連情報