ロゼッタ(読み)ろぜった(英語表記)Rosetta

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロゼッタ(エジプトの地名)
ろぜった
Rosetta

エジプト北東部、ナイル川デルタの扇端にある港湾都市。エジプト名はラシードRashd。人口6万5400(2001推計)。デルタ二大支流の一つラシード支流の河口近くにあり、19世紀まで繁栄したが、西方50キロメートルのアレクサンドリアにとってかわられた。現在は地方の商工業中心地で食品・製紙工業が立地する。1799年、ナポレオン遠征軍が町の北2キロメートルで要塞(ようさい)を築城中、聖刻文字解読のきっかけをつくったロゼッタ石を発見したことで知られる。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロゼッタの関連情報