ロックハンプトン(英語表記)Rockhampton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロックハンプトン
Rockhampton

オーストラリア,クイーンズランド州中部東岸にある都市。同州中部の行政,経済,文化の中心地フィツロイ川河口より 78km上流にあり,外港がポートアルマにあるが港湾機能はグラッドストンに譲る。主として鉄道に依存した農牧産品集散地。人口5万 9418 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロックハンプトン(Rockhampton)

オーストラリア、クイーンズランド州東部の都市。ブリスベーンの北約660キロメートル、フィッツロイ川沿いに位置する。1855年に建設。ゴールドラッシュで一時にぎわったのち、炭鉱地帯の中心地として発展。周辺では牧畜業が盛ん。市街南郊に南回帰線が通る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロックハンプトン

オーストラリア東部,クイーンズランド州東海岸の港湾都市。フィッツロイ川河口に近く,後背地の農牧業(とくに肉牛),鉱業の中心。1855年創設。6万9000人(2005)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロックハンプトン【Rockhampton】

オーストラリア東部,クイーンズランド州中部東岸にある都市。人口5万6000(1991)。南回帰線のすぐ北,フィッツロイ川の河口から60kmの地点に位置し,肉牛をはじめとする農牧地帯や炭鉱地帯を後背地とする,州中部の行政,経済,文化の中心都市である。かつては河港として栄え,現在も河口に港をもつが,輸送はおもに鉄道に依存する。空港がある。1855年の開基で,1919年市制をしいた。名称は建設者の出身地名に由来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロックハンプトン
ろっくはんぷとん
Rockhampton

オーストラリア東部、クイーンズランド州の都市。州都ブリズベンの北660キロメートル(道路距離)にある。人口5万8382(2001)。フィッツロイ川の河口から60キロメートル上流に位置し、河口付近に港をもつ。肉牛飼育を中心とする農牧地帯や内陸の鉱山を後背地に、同州東海岸中部の中心都市として発展してきた。食肉加工はじめ各種工業がある。グレート・バリア・リーフ(大堡礁(だいほしょう))の観光基地の一つ。1855年入植、1919年市制施行。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android