コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッシュ ろっしゅMichel Jules Marie Léon Roche

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロッシュ(幕末のフランス外交官、駐日フランス公使)
ろっしゅ
Michel Jules Marie Lon Roche
(1809―1901)

幕末のフランス外交官、駐日フランス公使。1809年9月27日、フランスのグルノーブルに生まれる。北アフリカの植民地にあってアラビア語の通訳官、外交官を務め、チュニス総領事を経て1864年(元治1)3月来日、初代フランス公使ベルクールP. du Chesne de Bellecourtの後任として第2代フランス公使に就任した。積極的にフランス外交を推進して幕府政権を支持し、1865年(慶応1)横須賀(よこすか)製鉄所の建設を請け負い、横浜仏語学校を創立して幕臣の教育に供した。1866年には彼の建議に基づきフランスから経済使節団を来日させて借款・武器売り込みの契約を結び、1867年にはフランス人軍事顧問団を招いて幕府に軍制改革を着手させた。徳川慶喜(よしのぶ)が将軍職につくと幕政改革の構想を建言して幕府中心の統一政権確立に努めた。これら一連の政策はイギリスの対日政策に対抗するもので、イギリス公使パークスとの対立を深めたが、1866年、本国政府の政策が極東での対英摩擦回避の方針に転換したため帰国命令を受け、1868年には幕府が倒壊し、同年帰国し退官した。対日外交政策の一環としてフランス文化の移入を重視し、また1867年のパリ万国博覧会への日本の参加にも全面的な援助を与えて日本文化の紹介にも貢献した。[加藤榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロッシュの関連キーワードパークス(Sir Harry Smith Parkes)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロッシュの関連情報