コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロドピ山脈 ロドピさんみゃくRodopi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロドピ山脈
ロドピさんみゃく
Rodopi

ブルガリアの南部とギリシアの北東部にまたがる山脈。最高峰はブルガリアのゴリャムペレリク山 (2191m) 。トラキア=マケドニア山系の一部。高い山脈に深く峡谷が切込まれた非常に複雑な山系をなし,東西 240km,南北 100kmに及ぶ。平均標高 785mで北西部リラ山系とつながる。山脈は形態的,水系的に東西に2分され,主として変成岩,花崗岩から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロドピ山脈
ろどぴさんみゃく
Rodopi

ブルガリア南部からギリシア北東部にまたがる山脈。アルプス造山運動期に形成された。全長約300キロメートル、標高1000~2000メートル、最高峰ゴリャム・ペレリク山Golyam Perelik(2191メートル)。ストルマ川の谷からマリツァ川までをほぼ北西―南東に走る。バルカン半島最高峰のムサラ山(2925メートル)のあるリラ・プラニナ山脈が北西に連なる。これらの山地は重要な森林・鉱物資源の宝庫である。[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロドピ山脈の関連キーワードバチコボ修道院マリーツァ川プロブディフメスタ[川]東ルメリアネストス川イスクル川カルジャリブルガリアスモリャンハスコボアルダ川クサンシ

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android