コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロビト Lobito

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロビト
Lobito

アンゴラ西部,大西洋に臨む港湾都市。1843年建設。ロビト港はアフリカ西岸有数の天然の良港で,1903年港湾業務が開始され,コンゴ民主共和国と結ぶベンゲラ鉄道の開通 (1928) とともに発展。内陸部の農産物と,コンゴ民主共和国のカタンガ州鉱産物を積み出す。金属,造船,セメントなどの工業のほかサイザルアサを産する。人口 13万7400(2004推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロビト(Lobito)

アンゴラ南西部、大西洋に面する港湾都市。古くからの港町ベンゲラに続き、19世紀半ばに建設。1930年代にベルギー領コンゴまで鉄道が開通し、同国最大の貿易港に発展した。コンゴ民主共和国やザンビアの鉱産物、およびコーヒー、綿花を輸出。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロビト

アンゴラ西部の都市。大西洋岸の港湾都市で,空港もある。ベンゲラの北東約60kmにあり,インド洋岸モザンビークのベイラから通じるアフリカ横断鉄道の終点。銅など内陸諸国の鉱産物を積み出すほか,コーヒー等を輸出。
→関連項目フアンボ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロビト【Lobito】

アフリカ南西部,アンゴラ共和国西部の港湾都市。人口15万(1983)。古い港町ベンゲラ(南西約60km)在住のポルトガル人が,より健康的で気候・風土のよい港町の建設をポルトガル女王に請願した結果,1843年から建設された比較的新しい港町である。1931年にベンゲラからベルギー領コンゴに至る鉄道が全通して以来,おおいに発展し,現在ではこの国最大の貿易港になっている。鉄道,道路や航空路など交通・通信の要衝でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロビト
ろびと
Lobito

アフリカ南西部、アンゴラ西部の港湾都市。大西洋のロビト湾に臨む。人口5万9528(1970センサス)、13万4600(2002推計)。すぐ南に位置するベンゲラが古くからの港町であったのに対して、ロビトは20世紀初頭までは小漁村にすぎなかった。1903年、イギリス人のロバート・ウィリアムズが、ベルギー領コンゴのカタンガ(現コンゴ民主共和国のカタンガ州)の鉱産物を積み出すため、ロビトまでの鉄道建設を開始、27年完成した(ベンゲラ鉄道)。以後飛躍的な発展を遂げ、鉱産物のほかコーヒー、サイザル麻、綿花などの輸出港となった。[端 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロビトの関連キーワードアンゴラ(アフリカ)ルブンバシウアンボ州バレリーウアンボクティクイトスンベ信行

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android