ロポリス(英語表記)lopolith

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盆盤ともいう。中央部が皿状にくぼんだ貫入岩体 (→貫入岩 ) 。大陸地域で地層がゆるやかに撓曲し,これと調和的に貫入した火成岩体で,岩石は塩基性深成岩斑糲岩が多い。北アメリカのミネソタ州,オンタリオ州などに知られる。大きさは長径 240km,中央部の厚さ 15km内外。英名ギリシア語を示すロパス lopasに由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

中央が下にって凹んだレンズ状の形の整合的貫入岩体.大規模で広域的な塩基性岩の貫入に見られ,分布の直径に比べて厚さは薄く,一般に10分の1から20分の1の皿状である[Grout : 1918].大規模な例では,ミネソタ州のドリュース岩体(面積40 000 km2),カナダのサドベリー岩体,南アフリカのブシュフェルド岩体などがあるが,これらの大規模なロポリスは複合岩体である.ギリシャ語のlopasは平たい皿のこと.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

岩体の中央が下方にくぼんだ皿状の貫入岩体。盆盤(盆状岩体)ともいう。これは巨大な調和的なレンズ状岩体であり,その下盤が沈下することによって,マグマのはいる空間ができると解釈されている。ロポリスは地層があまり著しい地殻変動を受けていない大陸地域にみられる。岩石は多くの場合,斑レイ岩質のものである。常にマグマの分化が行われ,重い鉱物に富んだ層と乏しい層が層状に重なり,全体として岩体の下部にカンラン岩,斑レイ岩などのマフィックな岩石があり,上部に花コウ岩や文象岩などのフェルシックな岩石がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周辺の地層とは調和的で、中央部がくぼみ盆状に湾曲した貫入岩体。盆状岩体ともいう。岩石は橄欖(かんらん)岩、微量の酸性岩を伴う斑糲(はんれい)岩質のもので、結晶分化岩体であることが多い。ニッケル、クロムなどの金属鉱床を伴うことがある。カナダのサドベリー岩体は著名である。南アフリカ共和国にも多数のロポリスの存在が知られている。下部の地層のたわみ、基盤の運動による地層の撓曲(とうきょく)が主要な成因と考えられる。

[矢島敏彦]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android