コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロージー

4件 の用語解説(ロージーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ロージー

米国の映画監督ウィスコンシン州生れ。《緑色の髪の少年》(1948年)でデビューするが,ソ連訪問やB.ブレヒトとの交遊などを問われて非米活動委員会リストに上り,4作を残したのみで英国に亡命。
→関連項目シュナイダードロンドン・ジョバンニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロージー【Joseph Losey】

1909‐84
アメリカの映画監督。テレビ赤狩りによって崩壊したハリウッドの一時代を象徴する映画作家であり,第2次世界大戦後にデビューした大学出身のインテリ監督の第一世代として知られる。しかし1930年代のロシア旅行や労働者演劇の推進,また東ドイツへ帰国したブレヒトの親友といった〈共産主義的な過去〉ゆえに,非米活動委員会ブラック・リストにのせられてヨーロッパに亡命,初期の意欲作《緑色の髪の少年》(1948)ほか4本をハリウッドに残したのみで,以後はついに1本もアメリカ映画を撮らなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロージー
ろーじー
Joseph Losey
(1909―1984)

アメリカ出身のイギリスの映画監督。ウィスコンシン州に生まれる。劇評家、舞台演出家、記録映画監督を経て、1949年RKOと契約、『緑色の髪の少年』(1948)、『暴力の街』(1950)などを発表。その社会的関心、分析的興味から一部の注目を集めるが、「赤狩り」の災いを被り、1953年イギリスに亡命。劇作家ハロルド・ピンターの脚本による『召使』(1963)、『できごと』(1967)、『恋』(1971)で国際的な名声を獲得、イギリス中産階級の退廃を描きながら、冷たく厳しいスタイルで人間の弱点を容赦なくとらえた。ほかに『エヴァの匂(にお)い』(1962)、『銃殺』(1964)、『暗殺者のメロディ』(1972)など。[宮本高晴]

資料 監督作品一覧

緑色の髪の少年 The Boy with Green Hair(1948)
暴力の街 The Lawless(1950)
不審者 The Prowler(1951)
大いなる夜 The Big Night(1951)
拳銃を売る男 Stranger on the Prowl(1953)
二つの顔をもつ男 A Man on the Beach(1955)
非情の時 Time Without Pity(1957)
狙われた男 Blind Date(1959)
コンクリート・ジャングル The Criminal(1960)
エヴァの匂い Eva(1962)
呪われた者たち The Damned(1963)
召使 The Servant(1963)
銃殺 King & Country(1964)
唇からナイフ Modesty Blaise(1966)
できごと Accident(1967)
夕なぎ Boom(1968)
秘密の儀式 Secret Ceremony(1968)
雪崩 Figures in a Landscape(1970)
恋 The Go-Between(1971)
暗殺者のメロディ The Assassination of Trotsky(1972)
人形の家 A Doll's House(1973)
愛と哀しみのエリザベス The Romantic Englishwoman(1975)
パリの灯は遠く Mr. Klein(1976)
ドン・ジョヴァンニ Don Giovanni(1979)
(ます) La truite(1982)
スチームバス 女たちの夢 Steaming(1985)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

現代外国人名録2012の解説

ロージー
Rosey


国籍
東サモア

専門
プロレスラー

生年月日
1970/4/7

経歴
1997年米国WWEでデビューし、2005年世界タッグチャンピオンを獲得。2006年全日本プロレスに初参戦し、以後継続して参戦。親戚にもウマガ、ヨコヅナなどプロレスラーが多い。2007年米国テレビ局ABCのリアリティーショーと呼ばれるテレビ番組で、収録期間3ケ月の間にどこまでやせられるかという企画に出場。196センチ、163キロ。

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
現代外国人名録2012について | 情報

世界大百科事典内のロージーの言及

【M】より

…S.クラカウアーは《M》を分裂した自我の象徴として《プラーグの大学生》(1913,26),《カリガリ博士》(1919)の系譜に位置づけ,病的な衝動に服従する主人公に,当時台頭しつつあったナチズムを迎え入れるドイツ人の内面的なパターンを見いだした。翌年ラングはヒトラーの迫害を逃れてパリに亡命するが,51年,マッカーシイズム旋風の中でJ.ロージーがヨーロッパへの亡命を余儀なくされる直前に,《M》を再映画化しているのは偶然の符合にしても興味深い。【高崎 俊夫】。…

※「ロージー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロージーの関連情報