コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローソン石 ローソンせきlawsonite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローソン石
ローソンせき
lawsonite

斜方晶系の含水鉱物。 CaAl2Si2O7(OH)2・H2O 。無色ないし白色。比重 3.05~3.10,硬度6。灰長石に水が2分子加わったものであるが,比重は灰長石が 2.74~2.76であるのに対して,10%以上の増加を示す。藍閃石片岩相変成岩にのみ産出するので,高圧型変成作用の指標となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローソン石
ろーそんせき
lawsonite

ソロ珪(けい)酸塩鉱物の一つで、四角柱状あるいは卓状の結晶をなす。長石に似ているが、光沢が強く、脂ぎってみえる。低温高圧の変成条件下でできた結晶片岩中のみに、藍閃(らんせん)石などを伴って産する。普通、非常に細かい粒で出るが、まれに長さ約5センチメートルにも達する結晶の産出がアメリカ合衆国カリフォルニア州に知られている。日本では、神居古潭(かむいこたん)変成帯中の北海道雨竜(うりゅう)郡幌加内(ほろかない)町、黒瀬川帯中の高知市周辺などから産する。化学組成変化にきわめて乏しい鉱物の一つであるが、650℃以上に熱すると、灰長石と水に分解する。アメリカの地質学者ローソンAndrew Cowper Lawson(1861―1952)にちなみ命名された。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のローソン石の言及

【ローソナイト】より

…ローソン石ともいう。化学組成はCaAl2Si2O7(OH)2・H2Oで,斜方晶系に属する造岩鉱物の一つ。…

※「ローソン石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローソン石の関連キーワードローソナイトローソン石(データノート)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone