コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロートレアモン Lautréamont, Comte de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロートレアモン
Lautréamont, Comte de

[生]1846.4.4. モンテビデオ
[没]1870.11.24. パリ
フランスの詩人。本名 Isidore Ducasse。ウルグアイ駐在の領事館員の子として生れ,早く母を失う。パリのエコール・ポリテクニク (国立高等理工科専門学校) 受験のため単身フランスに渡り,タルブ,ポーのリセ (高等中学校) を経てパリに定住。 1868年散文詩集『マルドロールの歌』 Les Chants de Maldoror第1歌を匿名で自費出版したが認められず,孤独のうちに残る5歌を完成,69年上梓にこぎつけたが,不穏な内容を憂慮した出版者が一方的に発売を中止した。さらに本名で『詩学断想』 Poésies: Préface à un livre futur (1870) と題する2冊の小冊子を発表したが,これもまったく反響を呼ばず,モンマルトルの下宿屋で 24年の生涯を閉じた。第1次世界大戦後,シュルレアリストたちの絶賛を受け,近代詩の偉大な先駆者の一人に数えられる。自己の生活の記録を意識的に抹消しようとしたらしく,その生涯に関しては不明な点が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロートレアモン(Comte de Lautréamont)

[1846~1870]フランスの詩人。本名、イジドール=デュカス(Isidore Ducasse)。悪と反抗をテーマに豊かな感受性で苦悩と幻想の世界をうたった散文詩集「マルドロールの歌」により、シュールレアリスムの先駆者とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロートレアモン

フランスの詩人。本名イジドール・リュシアン・デュカスIsidore-Lucien Ducasse。南米ウルグアイのモンテビデオ生れ。14歳の時単身渡仏し,リセで学んだのち詩作を手がけるが,無名のまま24歳で没した。
→関連項目ミショー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロートレアモン【Comte de Lautréamont】

1846‐70
フランスの詩人。本名はデュカスIsidore‐Lucien Ducasse。南アメリカのウルグアイのモンテビデオに生まれた。両親ともフランス人で,父親はモンテビデオ駐在のフランス総領事書記,母親はイジドール誕生後1年で他界した。彼の生涯の詳細はほとんど不明で,近年高校時代の写真が1葉発見されて大きな話題を呼んだが,それまでは肖像も知られていなかった。わずかにわかっているところでは,14歳で単身フランスに渡り,タルブ,ポーの高等中学校(リセ)で学んだのち,65年ころパリに現れて下宿を転々,66年ころから創作に熱中したが,無名のまま70年末に24歳の生涯を閉じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロートレアモン【Comte de Lautréamont】

1846~1870) 〔本名 Isidore Ducasse〕 フランスの詩人。モンテビデオ生まれ。黙示録的な長編散文詩「マルドロールの歌」は、悪魔的イメージと無意識界への侵入によって、シュールレアリスム運動の原点とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロートレアモン
ろーとれあもん
Comte de Lautramont
(1846―1870)

フランスの詩人。本名イジドール・デュカス。ウルグアイの首都モンテビデオに生まれる。中等教育は父母の故郷であるフランス南西部のタルブ、ついでポーで受ける。そのあとパリに出、理工科大学校(エコール・ポリテクニク)受験を準備していたと思われるが、詳細は不詳。1870年11月23日、孤独のうちに死んだが、その状況も明らかでない。彼の残した作品としては、ロートレアモン伯爵の筆名による長編散文詩『マルドロールの歌』(1869作)と小冊子『ポエジー』(イジドール・デュカス著、1870)があるだけである。悪と反抗をうたう過激な書『マルドロールの歌』は1868年に「第一の歌」のみ発行、翌年全体(「第一の歌」から「第六の歌」まで)が印刷されたが、検閲を恐れて配本されなかった(没後1874発売)。『ポエジー』は、きたるべき詩の「新しき学」を目ざすアフォリズム集のごときものであるが、字句、内容に『マルドロールの歌』と組織的に対立するところがあるため、その意図、解釈をめぐってさまざまな議論がなされてきた。
 19世紀においてほとんど読まれることのなかった彼の作品は、20世紀に入って、主としてシュルレアリストたちによって「発見」され、以後、現代の「テル・ケル」派(ソレルス、プレネ、クリステバら)に至るまで、一種越えがたい極限を示す言語として、ランボー、アルトー、ジョイスなどとともに、現代の作家たちから仰ぎみられる存在になった。[豊崎光一]
『栗田勇訳『ロートレアモン全集』全1巻(1968・人文書院) ▽マルスラン・プレネ著、豊崎光一訳『彼自身によるロートレアモン』(1979・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロートレアモンの関連キーワードシャール(René Char)レオン ピエール・カンシュルレアリスムアンリ ミショーアバンギャルドバシュラールル・クレジオコルタサル平井 照敏ブランショパリの憂鬱豊崎 光一4月4日青柳瑞穂渡辺広士幻想文学豊崎光一スーポージャリ土方巽

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロートレアモンの関連情報