コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロードハウ島 ロードハウとうLord Howe Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロードハウ島
ロードハウとう
Lord Howe Island

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州に属する火山島。シドニーの北東 700kmのタスマン海にあり,行政上シドニーの一部となっている。 1788年の発見以来,入植や捕鯨基地の歴史をもつが,現在は主として観光に依存。周辺には世界最南端のサンゴ礁が広がり,貴重な鳥類の生息地として,1982年世界遺産の自然遺産に登録。面積 8km2。人口 371 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロードハウ‐とう〔‐タウ〕【ロードハウ島】

Lord Howe Island》オーストラリアとニュージーランドの間のタスマン海にある島。オーストラリア領でニューサウスウェールズ州に属する。本土のシドニーより、北東約700キロメートルに位置する。深い湾内には珊瑚礁(さんごしょう)や干潟が広がり、森林に覆われる。洋島の生物相をもち、絶滅の危機に瀕するロードハウクイナをはじめ、多くの固有種が生息する。1982年、ボールズピラミッドなどの周辺の島々とともに「ロードハウ島群」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ロードハウ島の関連キーワードオーストラリアロードハウ海膨ケンチャヤシ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android