コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイタンギ条約 ワイタンギじょうやくTreaty of Waitangi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイタンギ条約
ワイタンギじょうやく
Treaty of Waitangi

1840年2月6日,ニュージーランド北島のマオリ族イギリス政府の間に結ばれた歴史的条約。この条約によりニュージーランドはイギリスの植民地となった。条約には,(1) マオリ族はイギリス国王に主権を譲渡する,(2) イギリス国王はマオリ族の権利を保護し,土地の売買は国王との間でのみ認められる,(3) マオリ族はイギリス国民のもつすべての権利を享受する,の3項目が定められた。しかし実際には政府は資金に乏しく,安く買上げた土地を高く入植者に売りつけたため,マオリ族と入植者の不満が高まり,さらに急増する土地需要に対しマオリ族が売惜しみするようになると,両者の対立は一層深まり,44~47年のアイランズ湾戦争,1860年代のマオリ戦争となった。 62年先住民土地法が成立し,土地の個人売買が認められると,ワイタンギ条約は消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワイタンギ条約【ワイタンギじょうやく】

1840年,ニュージーランド北島のワイタンギWaitangiで英国政府とニュージーランド先住民マオリの首長達の間で締結された条約。これによりニュージーランドは英国の植民地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワイタンギじょうやく【ワイタンギ条約】

1840年2月6日,ニュージーランド北島のワイタンギWaitangiでイギリスの代表ホブソン大佐William Hobson(1793‐1842)と50余名のマオリ族首長が調印した条約。これによりニュージーランドはイギリスの植民地となった。これまで先住民のポリネシア系マオリ族とイギリス系入植者との間には,マオリ所有の土地や漁場をめぐる争いがたえず,植民地建設派の強い要求により条約が締結された。条約の目的はイギリス女王の主権をニュージーランド全島に認めさせることであり,その意図は異なる文明をもつ二つの民族が平和に暮らす公正な社会の建設にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のワイタンギ条約の言及

【ニュージーランド】より

…イギリスではニュージーランドをオーストラリア植民地の一部にするか,新しい移住先にするか両論あったが,38年にニュージーランド会社が設立され,40年1月に最初の移民が現在の首都ウェリントン付近に着いた。
[イギリス植民地時代]
 1840年2月6日,アイランズ湾岸ワイタンギでイギリス駐在官ホブソンWilliam Hobson(1790‐1842)と,マオリの首長約50人との間でワイタンギ条約が結ばれた。この条約によってマオリは主権をビクトリア女王に譲り,女王にのみ土地の購入権を与えた。…

※「ワイタンギ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワイタンギ条約の関連キーワードオーストラリア・ニュージーランド文学ニュージーランド・ドルワイタンギ条約記念日オセアニア史(年表)ニュージーランド史キウィ(Kiwi)NZD

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android