ワキール(英語表記)wakīl

世界大百科事典 第2版の解説

ワキール【wakīl】

〈代表者〉〈保証人〉〈代理人〉〈保護者〉などを意味するアラビア語。コーランには,たとえば,〈アッラーは我々の言葉の保証人(ワキール)である〉(12:66)という表現があり,〈ワキール〉はアッラーの99の名前の一つとなっている。 イスラム社会の発展とともに,ワキールはさまざまの分野で,上記の一般的な意味を踏まえつつ,それぞれの分野に特殊な意味をもって使われるようになった。たとえばシーア派では,イマームは個人的な代理人(ワキール)を使って信徒たちと連絡を取り合うことがしばしばあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android