コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワヌコ ワヌコ Huánuco

4件 の用語解説(ワヌコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワヌコ
ワヌコ
Huánuco

ペルー中部,ワヌコ県の県都。首都リマの北北東約 270km,アンデス山脈中の涼しい雨の少い山間盆地にあり,アマゾン川水系ワヤガ川の上流部にのぞむ。 1539年インカの集落があった地にスペイン人によって建設されたが,インディオの攻撃を受けたため,のち約 50km離れた現在地に移転,植民地時代はキリスト教の布教中心地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワヌコ(Huánuco)

ペルー中部の都市。ワヌコ県の県都。アンデス山脈東斜面、標高約2000メートルに位置する。インカ帝国時代に集落があった地にスペイン人が町を建設したが、先住民の攻撃を受け、現在地に移転。キリスト教布教の拠点として発展。交通の要地で、砂糖・綿花・コーヒーの集散地であり、鉱物資源も産する。西郊にコトシュ遺跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワヌコ【Huánuco】

ペルー中部,ワヌコ県の県都。人口11万8814人(1993)。アンデスセントラル山脈の東側斜面,ワヤガ川の中流域にあり,標高1812m。1539年にスペイン人によって建設された。リマからアンデス山脈を越え,アマゾン上流のウカヤリ川の河港プカルパに通じる道路の中継地。コカ,砂糖,綿花,コーヒーなどの集散地。西方3kmに,1963年日本の学術調査団の発掘した,前2000年のコトシュ遺跡がある。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワヌコ
わぬこ
Hunuco

南アメリカ、ペルー中部、ワヌコ州の州都。アンデス山脈東斜面の標高約2000メートルに位置する。人口12万9688(1998)。リマからアンデス山脈を越え、アマゾン川上流のプカルパに向かう道路の中継地で、古い魅力的な市場と教会がある。付近では果実、穀類、トウモロコシなどが栽培され、精糖、ラム酒醸造などの工場がある。金、銀、銅、石油などの天然資源もある。近くに日本の調査団が発掘した紀元前2000年ごろのコトシュ遺跡がある。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワヌコの関連キーワードアヤクチョアレキパイキトスカヤオチンボテワンカベリカワンカヨイーカセロ・デ・パスコプーノ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone