コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワライカワセミ ワライカワセミ Dacelo novaeguineae; laughing kookaburra

3件 の用語解説(ワライカワセミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワライカワセミ
ワライカワセミ
Dacelo novaeguineae; laughing kookaburra

ブッポウソウ目カワセミ科。全長 39~45cm。頭部は大きく,くすんだ白色で,褐色部位か斑が混じる。過眼線は暗褐色で耳羽まで及ぶ。胸と腹はくすんだ白色で,薄い褐色の横縞模様がある。背と上面は灰黒色で,雨覆と腰は青灰色の各羽毛が白色で縁どられて鱗模様をつくっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワライカワセミ

カワセミ科の鳥。翼長22cm内外で,カワセミ類中最大。背面は緑褐色,上尾筒と尾羽は赤褐色で黒帯がある。オーストラリアに分布し,疎林にすむ。笑い声に似た大声を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワライカワセミ
わらいかわせみ / 笑翡翠
kookaburralaughing jackass
[学]Dacelo gigas

鳥綱ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。オーストラリアの南東部に分布する。全長約45センチメートル、嘴(くちばし)は太く頭は大きい。頭部と下面は白く、頭上と目の周囲は黒褐色、背と翼は黒褐色で雨覆(あまおおい)には青白色の羽縁があり、尾は赤褐色。森林、開墾地、農耕地、果樹園などにすみ、市街地の広い公園にもみられる。大形の昆虫、ヘビ、トカゲ、鳥の雛(ひな)などを食べる。鳴き声は大きくてよく響き、クックックックッと聞こえ、人の笑い声に似ている。地上20メートル以上の崩れた岩棚や木の幹のへこみに産卵する。川の土手の穴、シロアリの巣塔、樹洞、積んだ藁(わら)の中などに産卵することもある。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワライカワセミの関連キーワード翡翠仏法僧鳳来寺山のブッポウソウオオブッポウソウ(大仏法僧)カワセミ(翡翠)ブッポウソウ(仏法僧)ヤマセミ(山翡翠)ワライカワセミ(笑翡翠)ブッポウソウ科ブッポウソウ目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワライカワセミの関連情報