コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ノ谷の戦い いちノたにのたたかい

4件 の用語解説(一ノ谷の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一ノ谷の戦い
いちノたにのたたかい

寿永3 (1184) 年2月7日,摂津国一ノ谷で行われた源平合戦 (→治承の内乱 ) の一つ。源義仲の攻勢に西国に敗走した平氏軍は,京都を回復するため東上,摂津福原に陣取った。この地は北は山,南は海,東西は生田の森と一ノ谷とを城戸口とした要地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちのたに‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【一ノ谷の戦い】

寿永3年(1184)源義経(みなもとのよしつね)範頼(のりより)の軍が、一ノ谷に進出して平氏の軍を破った戦い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちのたにのたたかい【一ノ谷の戦い】

1184年二月、源義経・範頼が再挙を計った平氏を一谷に襲い、海上に敗走させた戦い。義経の鵯越ひよどりごえの奇襲戦法が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一ノ谷の戦い
いちのたにのたたかい

1184年(元暦1)2月7日、摂津国一ノ谷(神戸市須磨(すま)区)で起こった源平の合戦。前年7月、安徳(あんとく)天皇を擁して西海に走った平氏一門は、源頼朝(よりとも)、義仲(よしなか)の確執に乗じて勢力を挽回(ばんかい)、このころには旧都福原(ふくはら)に東進し、東(生田森(いくたのもり))、西(一ノ谷)に軍陣を構えて要害を固め、京都回復を目ざすに至った。頼朝は義仲を倒すやただちに平氏追討の院宣(いんぜん)を請い、弟範頼(のりより)に大手を、同義経(よしつね)に搦手(からめて)をつかせた。一ノ谷は背後に険しい山峰を連ねて入口が狭く、もっとも堅牢(けんろう)な陣地であった。戦闘は一時混戦状態になったが、結局、義経の鵯越(ひよどりごえ)の奇襲により、平氏軍は四国屋島(やしま)に敗走した。この戦いで平氏一族の多くが討たれ、とくに熊谷直実(くまがいなおざね)に殺された平敦盛(あつもり)の話は有名。また清盛の息重衡(しげひら)も須磨で捕らえられた。[杉橋隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一ノ谷の戦いの関連キーワード元暦国民の祝日一ノ谷の戦残留孤児・婦人訴訟判決熊井忠基平清房手塚光盛細川昭元摂津国府《摂津国長柄人柱》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一ノ谷の戦いの関連情報