コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余儀無い ヨギナイ

デジタル大辞泉の解説

よぎ‐な・い【余儀無い】

[形][文]よぎな・し[ク]
他になすべき方法がない。やむをえない。「辞任を―・くされる」「―・い事情で参加を見合わせる」
異議がない。
「申し上ぐるところの辞儀(じんぎ)、―・し」〈曽我・二〉
隔て心がない。
「互ひに―・く見えければ」〈浄・二つ腹帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よぎない【余儀無い】

( 形 ) [文] ク よぎな・し
それ以外に方法がない。やむをえない。 「 - ・い事情で欠席する」
議論の余地がない。 「御位長久なるべき事、-・し/曽我 2
へだて心がない。 「 - ・き頼みに打ち頷き/浄瑠璃・廿四孝」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

余儀無いの関連キーワード浄瑠璃余儀