唯唯諾諾(読み)イイダクダク

  • いいだくだく ヰヰ‥
  • いいだくだく〔ヰヰ〕

デジタル大辞泉の解説

[ト・タル][文][形動タリ]少しも逆らわずに他人の言いなりになるさま。「唯唯諾諾として命令に服している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トタル [文] 形動タリ 
韓非子 八姦
何事にもはいはいと従うさま。他人の言いなりになるさま。 -として命令に従う

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動タリ〙 (多く「唯々諾々として」の形で用いる) 少しもさからわずに、いいなりになるさま。→唯唯
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五「唯々諾々(イイダクダク)として家事を司どり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

事の善悪や是非にかかわらず、人のいいなりになる様子。

[活用] ―と・―として。

[使用例] 全く々として命令に服しているんだ[夏目漱石*二百十日|1906]

[解説] 「唯唯」は逆らわずに他人の言うことに従う。「諾諾」は、自分の意見を持たず、文句なしに他人の言葉に従う意。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android