コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為ん方無い/詮方無い センカタナイ

デジタル大辞泉の解説

せんかた‐な・い【為ん方無い/詮方無い】

[形][文]せんかたな・し[ク]
なすべき方法が見つからない。どうしようもない。「―・くあきらめる」「悔やんでも―・いことだ」
やりきれない。また、たまらなく悲しい。
「御ありさま見奉るに、あまりに―・うこそ候へ」〈平家灌頂
[補説]「詮」は当て字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android