一字書出(読み)いちじかきだし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一字書出
いちじかきだし

一字状,名字状ともいい,主君家来などに自分の名前の一字を授けるために用いた文書。一般に元服のときに行われ,主君と家来の結びつきを強めるために利用され,鎌倉,室町時代に多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちじかきだし【一字書出】

古文書の一様式。元服のとき烏帽子親(えぼしおや)がその子に命名する際に,自己の実名の1字を与え,その証拠に,狭義にはその1字のみを自身記して与えた文書。名字書出の一形式。一字状ともいう。1字の贈与は烏帽子父子の間だけでなく,主従の間にも行われ,血縁擬制のより強い絆とされ,家臣中のよりよい待遇とされ,一字拝領として家格の表徴ともなった。一字拝領とは,これを与えられた臣下から見た行為である。加冠の儀式が形式的にせよ主人の臨席の下に行われるのが本来の形である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一字書出
いちじかきだし

古文書様式の一つ。一字状、名字(みょうじ)状、加冠(かかん)状という場合もある。元服(げんぷく)に際し、烏帽子親(えぼしおや)がその子の命名に自分の諱(いみな)の一字(偏諱(へんき))を与えるとき、証拠としてその一字を記して与えた文書をいうが、烏帽子親子にとどまらず、封建的主従関係の強化を目的として主君従者間でも行われた。とくに室町・戦国期に盛行した。添状(そえじょう)を伴うこともあるが、一紙にまとめる場合は偏諱一字、年月日、差出(署名花押(かおう))充所(あてどころ)からなっていることが多い。[久保田昌希]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android