一条冬良(読み)いちじょう ふゆよし(ふゆら)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条冬良 いちじょう-ふゆよし

1464-1514 室町-戦国時代の公卿(くぎょう),学者。
寛正(かんしょう)5年6月25日生まれ。一条兼良(かねよし)の子。甥(おい)政房(まさふさ)の非業の死により兄教房(のりふさ)の跡をうけ一条家を相続。文明5年従三位,長享2年関白となる。明応2年太政大臣,6年関白に再任。従一位。父の学問を継承し,桃華坊文庫の復興をはかる。宗祇(そうぎ)らと連歌集「新撰菟玖波集(しんせんつくばしゅう)」を撰進。永正(えいしょう)11年3月27日死去。51歳。法号は後妙華寺。名は「ふゆら」ともよむ。歌集に「流霞集」,著作に「衛府具(えふのぐ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一条冬良

没年:永正11.3.27(1514.4.21)
生年:寛正5.6.25(1464.7.29)
室町・戦国時代の公卿,学者。「ふゆら」ともいう。後妙華寺と号す。父は一条兼良,母は町顕郷の娘。兄教房の長男が夭折したあと猶子となり,文明4(1472)年に下向先の奈良興福寺の成就院で元服し家督を継ぐ。同5年従三位,同7年権中納言となり,同9年に父と共に帰京,同11年に権大納言となる。同15年,家領摂津国福原荘(兵庫県)に下向して代官香川氏の押領を退け同17年に帰京。同18年内大臣,長享2(1488)年関白・氏長者,明応1(1492)年従一位,翌2年に太政大臣となり関白を辞すが,同6年関白に還補して文亀1(1501)年辞任。永正11(1514)年に没し,東福寺に葬られた。父兼良の桃華坊文庫と学問研究を継承して,『古今和歌集』などを講じ,兼良の講義の筆記録『令聞書』や有職故実書の『県召除目次第』『衛府具抄』『三節会次第』などを著した。歌集に『流霞集』がある。

(伊東正子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いちじょうふゆら【一条冬良】

〔「ふゆよし」とも〕 (1464~1514) 室町後期の政治家・学者。兼良の次男。関白太政大臣。準勅撰の「新撰菟玖波つくば集」を宗祇そうぎと共撰。著「世諺問答」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一条冬良
いちじょうふゆら

[生]寛正5(1464).6.25.
[没]永正11(1514).3.27. 京都
室町時代中期の貴族。学者。関白,太政大臣,従一位。兼良 (→一条兼良 ) の次男,兄教房の猶子。父に学び,著書に父の講釈した令の抄録『桃萼残輝』がある。また宗祇に連歌を選定させて収めた『新撰菟玖波集 (しんせんつくばしゅう) 』は勅撰に準じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

一条冬良 (いちじょうふゆら)

生年月日:1464年6月25日
戦国時代の公卿
1514年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の一条冬良の言及

【新撰菟玖波集】より

…室町時代の連歌集。一条冬良(ふゆら),宗祇ほか編。1495年(明応4)成立。…

※「一条冬良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android