コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一枚起請文 いちまいきしょうもん

4件 の用語解説(一枚起請文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一枚起請文
いちまいきしょうもん

源空 (法然) が源智の願いによって,浄土往生の要点を1枚の紙にしたためたもの (1212) 。浄土宗において重要視される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちまい‐きしょうもん〔‐キシヤウモン〕【一枚起請文】

紙1枚に書いた起請文。
法然が建暦2年(1212)臨終の際、門弟の源智の求めに応じて浄土往生の要義を和文で1枚の紙に書き、遺戒としたもの。浄土宗で朝夕読誦(どくじゅ)する。一枚起請一枚消息。御誓言。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一枚起請文【いちまいきしょうもん】

1212年法然が臨終に弟子源智の請いによって授けたものとされる。わずか1枚の紙に書かれた200字余りの短いもので,この称がある。往生極楽には南無阿弥陀仏と唱えるほかにない,一切はその中におさまる,と説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちまいきしょうもん【一枚起請文】

法然の作。念仏の要義を1枚の紙に平易な文章で書き,釈迦・弥陀に偽りのないことを誓った文。〈一枚消息〉ともいう。1212年(建暦2)1月23日,つねに法然のもとで仕えてきた源智が,師の命終が近いことを知り,没後に門人たちの間で異義の生じることを恐れ,浄土宗の安心起行(あんじんきぎよう)の肝要を懇望したので,法然がこれに応じてみずからしたため源智に授与した。浄土宗では法然の遺訓として最も尊重する。京都の金戒光明寺に真筆と伝えるものを襲蔵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一枚起請文の関連キーワード叡空選択本願念仏集知恩院一紙踊り念仏四種念仏白木の念仏平易法然頭夢中問答

一枚起請文の関連情報