一枚起請文(読み)いちまいきしょうもん

精選版 日本国語大辞典「一枚起請文」の解説

いちまいきしょうもん ‥キシャウモン【一枚起請文】

法然(源空)作。建暦二年(一二一二)正月(同元年一二月の説もある)臨終の病床にあって、弟子の勢観の要請に応じたものとされる。没後に弟子たちの間で異議が生ずることを防ぐために、自己の信仰の神髄を示したもので、一枚の紙に書かれたところからいう。一枚起請。一枚御消息。一枚御誓文。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「一枚起請文」の解説

一枚起請文【いちまいきしょうもん】

1212年法然臨終弟子源智の請いによって授けたものとされる。わずか1枚の紙に書かれた200字余りの短いもので,この称がある。往生極楽には南無阿弥陀仏と唱えるほかにない,一切はその中におさまる,とく。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「一枚起請文」の解説

いちまい‐きしょうもん〔‐キシヤウモン〕【一枚起請文】

紙1枚に書いた起請文。
法然が建暦2年(1212)臨終の際、門弟の源智の求めに応じて浄土往生の要義を和文で1枚の紙に書き、遺戒としたもの。浄土宗で朝夕読誦(どくじゅ)する。一枚起請。一枚消息。御誓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「一枚起請文」の解説

一枚起請文
いちまいきしょうもん

鎌倉前期,死期の迫った法然が弟子に残した教義の教え
建暦年間(1211〜13)の成立念仏意義を説き,滅後の邪義を防ぐために記したといわれる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「一枚起請文」の解説

いちまいきしょうもん【一枚起請文】

法然の作。仏の要義を1枚の紙に平易な文章で書き,釈迦・弥陀に偽りのないことを誓った文。〈一枚消息〉ともいう。1212年(建暦2)1月23日,つねに法然のもとで仕えてきた源智が,師の命終が近いことを知り,没後に門人たちの間で異義の生じることを恐れ,浄土宗の安心起行(あんじんきぎよう)の肝要を懇望したので,法然がこれに応じてみずからしたため源智に授与した。浄土宗では法然の遺訓として最も尊重する。京都の金戒光明寺に真筆と伝えるものを襲蔵する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android