コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丁汝昌 ていじょしょうDing Ru-chang; Ting Ju-ch'ang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丁汝昌
ていじょしょう
Ding Ru-chang; Ting Ju-ch'ang

[生]道光16(1836)
[没]光緒21(1895).2.12.
中国,清末の海軍軍人。安徽省廬江県の人。清国旧式海軍の長江水師に入り,劉銘伝に従って捻軍討伐に従事し,のちイギリスに派遣された。光緒8(1882)年壬午(じんご)の変(→京城事変)には艦隊を率いて朝鮮におもむき,大院君を連行した。のち天津総兵を経て,同 14年初代海軍提督となり,同 20年には尚書の資格をも与えられた。同年の日清戦争では,黄海海戦に敗れ,翌 21年威海衛の陥落後,日本に降伏,服毒自殺した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐じょしょう〔‐ジヨシヤウ〕【丁汝昌】

[?~1895]中国、末の軍人。安徽(あんき)省の人。字(あざな)は禹廷(うてい)。北洋艦隊の提督となったが、日清戦争黄海の海戦で大敗。威海衛に封鎖されて降伏、自決した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

丁汝昌【ていじょしょう】

中国,清末の海軍提督。安徽省の人。淮軍に参加し捻軍の平定に活躍。のち英国に派遣され,帰国後北洋水師を率いて朝鮮の壬午軍乱清仏戦争に功があった。1888年新海軍創設にあたり提督となり,日清戦争北洋艦隊を率い黄海・威海衛海戦に敗北し,自殺。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丁汝昌 てい-じょしょう

1836-1895 清(しん)(中国)の軍人。
道光16年10月10日生まれ。1888年北洋艦隊の提督となる。日清戦争黄海海戦などに敗れ,光緒21年1月18日(1895年2月12日)威海衛で兵員の助命を条件に降伏書を提出し,同日敗戦の責任をとって服毒自殺した。60歳。安徽(あんき)省出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていじょしょう【丁汝昌】

?~1895) 中国、清末の海軍軍人。北洋海軍の水師提督。日清戦争の際、威海衛いかいえいに封鎖され、降伏して自殺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丁汝昌
ていじょしょう
(1836―1895)

中国、清(しん)末の海軍提督。字(あざな)は禹廷(うてい)。安徽(あんき)省廬江(ろこう)県の人。長江水師の出身で捻(ねん)軍の鎮圧に参加し参将になる。李鴻章(りこうしょう)が海軍創設を図ると、1875年軍艦購入のためイギリスに派遣された。帰国後、海軍提督に就任し北洋艦隊を編成した。その後、示威のため、艦隊を率いて2回、日本を訪問。94年、日清(にっしん)戦争が起こると北洋艦隊を率いて黄海海戦を戦った。彼は戦闘の初期、旗艦艦橋から落ちて負傷したが、なお指揮を続けた。海戦後、李鴻章の命令により残存の艦隊をまとめて威海衛(いかいえい)に退守した。95年2月、日本軍の水陸からの攻撃を受け、力戦及ばず敗北した。こうして北洋艦隊は全滅したが、このとき彼は降伏を拒み、服毒自殺した。[倉橋正直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の丁汝昌の言及

【威海】より

…1887年(光緒13)には北洋海軍の基地となり,劉公島には提督署が置かれた。日清戦争に際しては提督丁汝昌に率いられる精鋭艦隊が集結していたが,日本海軍の攻撃に敗れ,戦役の方向を決めた。戦役後,日本が占領していたが,そののちイギリスが租借して西洋式都市とし,東洋艦隊の基地とした。…

※「丁汝昌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丁汝昌の関連キーワード郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒ボウイ化政文化テキサス併合浜田藩