コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七卿落 しちきょうおち

4件 の用語解説(七卿落の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七卿落
しちきょうおち

尊王攘夷の公卿が京都を逃れて長州に落ち延びた幕末の事件。三条実美尊王攘夷派の公卿は,長州藩と結んで攘夷実現を目指して幕府勢力と対決していたが,文久3 (1863) 年8月 18日,長州藩と対立する公武合体派の薩摩藩兵がクーデターを起して朝廷の権力を掌握した (→文久三年八月十八日の政変 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

七卿落【しちきょうおち】

文久3年8月18日の政変尊攘派公卿三条実美東久世通禧(ひがしくぜみちとみ),三条西季知(すえとも),壬生基修(みぶもとなが),四条隆謌(たかうた),錦小路頼徳(にしきのこうじよりのり),沢宣嘉(のぶよし)の7名が京都を追放され,長州勢に擁されて長州三田尻(みたじり)にのがれた事件。
→関連項目禁門の変真木和泉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しちきょうおち【七卿落】

文久3年(1863)8月18日の政変〉で,尊王攘夷派の公卿7人が京都を追われたこと。この政変は,孝明天皇朝彦親王が画策し,会津・薩摩両藩が支援して,朝意を左右していた尊攘派の中心である長州藩と,それに同調していた急進派公卿を御所から退去させた事件である。三条実美(さねとみ),三条西季知(すえとも),東久世通禧(みちとみ),壬生基修(もとなが),四条隆謌(たかうた),錦小路頼徳(よりとみ),沢宣嘉(のぶよし)の7人の公卿は,長州藩兵に警護されて,翌19日,京都を発し長州へ向かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七卿落
しちきょうおち

1863年(文久3)三条実美(さんじょうさねとみ)ら7人の尊攘(そんじょう)派公卿(くぎょう)が長州藩に落ち逃れた事件。尊攘急進派の公卿は長州藩はじめ尊攘志士と提携して、攘夷(じょうい)強行、朝権奪回の運動を進めていたが、会津、薩摩(さつま)両藩ら公武合体派による八月十八日の政変により失脚し京都を追われた。すなわち同日三条実美、三条西季知(さんじょうにしすえとも)、東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)、壬生基修(みぶもとなが)、四条隆謌(しじょうたかうた)、沢宣嘉(のぶよし)、錦小路頼徳(にしきのこうじよりのり)ほか6名の公卿が、参内、他行、他人面会の禁の朝譴(ちょうけん)を受けた。そこで久坂玄瑞(くさかげんずい)、真木和泉(まきいずみ)、長州藩重役らと事後策を練ったすえ、上記7人の公卿は一時長州藩に逃れ再起を図ることに決し、翌19日京を脱出、21日兵庫より乗船、27日周防(すおう)三田尻(みたじり)の招賢閣に入った。64年(元治1)禁門(きんもん)の変に際し、諸卿の上洛(じょうらく)が計画されたが、長州藩が敗北したため中止となり、長州藩内事情の変転もあって翌65年(慶応1)三条、三条西、東久世、四条、壬生の五卿は九州大宰府(だざいふ)に移り、王政復古まで滞在した。なおこの間、錦小路は病死し、沢は生野(いくの)の変に参加し敗走している。[佐々木克]
『末松謙澄著『修訂 防長回天史』復刻版(1980・柏書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の七卿落の言及

【妙法院】より

…1663年(寛文3)尭恕法親王が当院より天台座主となり,新たに経蔵をたてて竜華蔵と称し,大いに寺運を興隆した。1863年(文久3)三条実美らが当院に会合し,いわゆる七卿落の出発地となった。多数の寺宝の中でも秀吉あてのポルトガル国印度副王信書(国宝)は有名。…

※「七卿落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七卿落の関連情報