コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七曜暦 シチヨウレキ

世界大百科事典 第2版の解説

しちようれき【七曜暦】

太陽,月,水星,金星,火星,木星,土星の七つの星を七曜といい,これらの位置を示す暦が七曜暦で,週を表す曜日とは関係ない。古く《延喜式》にこの名があるから,10世紀のころすでに作られていたと考えられるが足利時代に中絶した。七曜暦を復活したのは渋川春海で,改暦の貞享2年(1685)より年々天文方の手により編纂(へんさん)され幕末まで続けられた。刊行もされ,江戸では市販されたこともあった。一種の簡単な天体暦といえよう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しちようれき【七曜暦】

日本で古く使われた暦の一。日・月・火・水・木・金・土の七曜を記した暦で、平安時代にはすでに使われていた。官用のもので民間では用いられていない。七曜の御暦ごりやく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七曜暦
しちようれき

日(太陽)・月、および土星・木星・火星・金星・水星の5惑星の毎日の宿度(二十八宿(にじゅうはっしゅく)の基準となる距星から赤道に沿って測った経度)を書き記した暦本。七星暦、七政暦とも書くことがある。一種の天体暦である。元来、中国渡来のものであるが、『延喜式(えんぎしき)』によると、七曜暦は毎年、正月朔日(ついたち)に陰陽寮(おんようりょう)から奏進したもので、10世紀初めには日本でも編纂(へんさん)されていた。中世に至って一時中絶したことがあるが、貞享(じょうきょう)改暦(1685)のとき、渋川春海(しぶかわはるみ)から奏請して復活し、明治初めまで継続した。七曜暦は常用暦ではなく、特殊な暦であり一般用ではないが、天文方で編纂の七曜暦は京都の大経師降屋(ふるや)と、江戸暦師仲間により版行して一般にも頒布したものである。[渡辺敏夫]
『渡辺敏夫著『日本の暦』(1976・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の七曜暦の言及

【御暦の奏】より

…正倉院に伝わる具注暦や地方官衙跡から出土した具注暦は,いずれも御暦の奏,頒暦の手続などを経たものである。なお毎年正月元日の節会の終了後に,中務省が七曜御暦を奏上する儀が行われるが,七曜暦は,日月や五惑星などの天体の位置を示したものである。【米田 雄介】。…

※「七曜暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

七曜暦の関連キーワード元日節会(がんにちのせちえ)中務節会官用

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android