コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重湯 おもゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重湯
おもゆ

流動食の一種。多量の水分を入れて炊いたの上澄液。長時間煮た粥をガーゼのような薄布でこしてつくる。消化がよいので病人食離乳食などに用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おも‐ゆ【重湯】

多量の水で米を炊いたときの、米粒以外ののり状の汁。病人乳児流動食とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

重湯【おもゆ】

ごくうすい(かゆ)の上澄み液。消化がよいため病人や乳児の流動食とする。ふつう白米を数倍の水でよく煮,漉(こ)して飯粒を除き,うすい塩味にする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おもゆ【重湯】

水分を多くして炊いたかゆの上澄み液。消化がよく、乳幼児や病人などに食べさせる。鍋に米と米の10倍くらいの水を入れて米粒がなくなるまで弱火で炊き、薄い塩味をつける。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おもゆ【重湯】

水分の多いかゆの上澄み液。〈御飯(おもの)の〉の意とされる。乳幼児や病人のための流動食として用いられる。厚手のなべに米とその10倍程度の水を入れて火にかけ,沸騰してきたら吹きこぼれぬ程度の弱火にして約30分煮る。ガーゼを二重にしてこし,好みで塩味などをつける。牛乳などを加えてもよく,水のかわりにスープを用いてもよい。【松本 仲子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おもゆ【重湯】

水分を多くして炊いた粥かゆの上澄みの液。病人・幼児などに食べさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重湯の言及

【粥】より

…全粥は米と水を重量比で1:5にして炊いたもの,七分粥は1:7,三分粥は1:15の割合である。重湯(おもゆ)は米1に水10の割合で煮て汁だけをこし取ったもの,〈おまじり〉は全粥1に重湯9の割合にしたものである。 粥は消化吸収がよいので病人食,老人食,離乳食とされることが多いが,日常食としている地方もある。…

※「重湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

重湯の関連キーワード乳児嘔吐下痢症(白色便性下痢症/仮性小児コレラ/白痢)子どもの急性胃腸炎取り湯・取湯秘湯めぐり断食療法御交じり漿・濃漿五十日祝食事療法五分粥行平鍋七分粥胃炎食事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重湯の関連情報