重湯(読み)おもゆ

百科事典マイペディアの解説

重湯【おもゆ】

ごくうすい(かゆ)の上澄み液。消化がよいため病人や乳児の流動食とする。ふつう白米を数倍の水でよく煮,漉(こ)して飯粒を除き,うすい塩味にする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おもゆ【重湯】

水分の多いかゆの上澄み液。〈御飯(おもの)の〉の意とされる。乳幼児や病人のための流動食として用いられる。厚手のなべに米とその10倍程度の水を入れて火にかけ,沸騰してきたら吹きこぼれぬ程度の弱火にして約30分煮る。ガーゼを二重にしてこし,好みで塩味などをつける。牛乳などを加えてもよく,水のかわりにスープを用いてもよい。【松本 仲子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おもゆ【重湯】

水分を多くして炊いた粥かゆの上澄みの液。病人・幼児などに食べさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おも‐ゆ【重湯】

〘名〙 (「御飯(おもの)の湯」の意か) 水分を多くした粥(かゆ)の上澄み液。飯のたき汁。病人や幼児の主食にする。
※夜の寝覚(1045‐68頃)五「日に添へてつゆ、おもゆなどやうの物をだに見もいれ給はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重湯の言及

【粥】より

…全粥は米と水を重量比で1:5にして炊いたもの,七分粥は1:7,三分粥は1:15の割合である。重湯(おもゆ)は米1に水10の割合で煮て汁だけをこし取ったもの,〈おまじり〉は全粥1に重湯9の割合にしたものである。 粥は消化吸収がよいので病人食,老人食,離乳食とされることが多いが,日常食としている地方もある。…

※「重湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重湯の関連情報