コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里渡 しちりのわたし

2件 の用語解説(七里渡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

七里渡【しちりのわたし】

尾張国愛知郡の(みや)宿(現愛知県名古屋市熱田区)の神戸(ごうど)の浜から,伊勢桑名(くわな)宿との間にあった東海道唯一の海上航路。宮渡・熱田渡・間遠渡とも呼ばれる
→関連項目熱田[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しちりのわたし【七里渡】

桑名渡,熱田渡,間遠渡ともいう。徳川家康が1601年(慶長6)に東海道を制定したとき,尾張国宮(熱田)宿と伊勢国桑名宿の間は海上を七里渡と決め,これを官道とした。伊勢湾を陸路で迂回すると,木曾川,長良川揖斐川木曾三川があるためである。熱田宿築地町と桑名宿東船馬町にそれぞれ船会所があって渡船数十艘を常備するほか,潮流の関係で海辺が干潟になった場合に備えて小渡船も用意していた。七里渡は通常4時間程度の船旅であるが,風雨等で海難事故も多く発生している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

七里渡の関連キーワード江戸幕府間遠覚弥三家日光廟間遠い十五代(徳川十五代)お万の方(2)お六の方徳川家康妻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七里渡の関連情報