万歳楽(読み)まんざいらく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万歳楽
まんざいらく

雅楽の曲名。唐楽平調 (ひょうぢょう。主音ホ) に属する。舞があり,4人または6人で舞う。唐時代において,賢王が国を治めるときに鳳凰という鳥が飛来して「賢王万歳」とさえずったと伝えられるところから,鳥の声を音楽とし,飛ぶ姿を舞に作ったといわれる。日本に伝えられてのちは,めでたい曲として即位大礼などの機に奏されることが多かった。舞が優雅でしかも変化に富んでいるので,今日でも上演される機会が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんざいらく【万歳楽】

雅楽の舞楽管絃の曲名。唐楽の平調(ひようぢよう)。四人舞で文(ぶん)ノ舞(平舞)。《煬帝(ようだい)万歳楽》ともいう。番舞(つがいまい)は《延喜楽(えんぎらく)》。左方襲(さほうかさね)装束(常装束)の袍を片肩袒(かたかたぬぎ)にし,鳥甲(とりかぶと)をかぶって舞う。唐では賢王が世を治めるとき鳳凰が飛んできて〈賢王万歳〉と唱えると伝えるが,それを舞にしたといい,隋の煬帝,唐の則天武后,漢の武帝などの作とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんざいらく【万歳楽】

まんざいらく【万歳楽】

舞楽の一。左方に属する新楽で、平調ひようじようの中曲。もと六人による女舞、現行は四人による男の平舞ひらまい。常装束つねしようぞくに、鳥甲とりかぶとをつけて舞う。煬帝ようだい万歳楽。鳥歌万歳楽。ばんざいらく。ばんぜいらく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万歳楽
まんざいらく

雅楽の曲名。唐楽曲で、左方平舞(ひらまい)の代表的舞楽。平調(ひょうじょう)、四人舞。襲(かさね)装束で右肩を脱いで舞う。隋(ずい)の煬帝(ようだい)の勅による作とも、唐のある賢帝の治世に鳳凰(ほうおう)が「賢王万歳」と鳴いたのを模したとも、また、唐の則天武后の飼っていたオウムの鳴き声を曲にしたともいう。もと童舞(どうぶ)であったらしく、醍醐(だいご)天皇が7歳の雅明親王の舞姿を褒めたたえたという記録もある。「平調調子」「当曲」「入調(にゅうじょう)」の3章からなる。当曲は元来五帖(じょう)あったというが、その半分を示す半帖までしか残らないため、「志止禰(しとね)拍子」という特殊な太鼓の打ち方をもって終わる。壮麗でゆったりした曲調は武の舞『太平楽(たいへいらく)』と並ぶ名品で、即位式など慶事に用いる。番舞(つがいまい)は『延喜楽(えんぎらく)』。[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万歳楽の関連情報