コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三ヶ日 みっかび

4件 の用語解説(三ヶ日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三ヶ日
みっかび

静岡県西部,浜松市南西部の旧町域。浜名湖北西岸にある。 1922年町制。 1955年東浜名村と合体。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い北区の一部となった。中心集落の三ヶ日は古くから交通の要地で,姫街道,別所街道,三州街道が分岐する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みっかび【三ヶ日】

静岡県浜松市の地名。旧町名。浜名湖北岸にあり、観光拠点の一。ミカン栽培が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みっかび【三ヶ日】

静岡県西部、浜松市の地名。近世、姫街道の宿場町。浜名湖の北岸に位置する。ミカンの産地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三ヶ日
みっかび

静岡県西部、引佐(いなさ)郡南部西端にあった旧町名(三ヶ日町(ちょう))。現在は浜松市の南西部を占め、北区を形成する地域。北東から南西にかけて赤石山系の引佐山地が連なり、南は浜名湖と、その支湖猪鼻(いのはな)湖に臨む。西浜名村が1922年(大正11)町制施行して三ヶ日町と改称。1955年(昭和30)東浜名村を編入。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。天竜浜名湖鉄道、国道301号、362号が通じる。東名高速道路三ヶ日インターチェンジがあり、浜名湖レークサイドウェイが走り、奥浜名湖観光の拠点となっている。江戸時代には東海道の脇街道の本坂(ほんさか)街道(姫街道)としてにぎわった。只木(ただき)の石灰岩地から発見された化石人骨は、縄文時代の「三ヶ日人」として有名。旧三ヶ日町地域はミカンを主とした農業中心で、全農家(就業人口の約48%)の90%以上がミカン農家。観光農業も盛ん。大福寺は絹本著色普賢十羅刹女(ふげんじゅうらせつにょ)像などの国重要文化財を所蔵し、摩訶耶(まかや)寺も国指定重要文化財の木造千手観音(せんじゅかんのん)・同不動明王の彫像を伝え、庭園は県名勝。また、板倉造りの浜名惣社神明宮本殿も国の重要文化財指定を受けている。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三ヶ日の関連キーワード舞阪浜名湖渚園浜名湖パルパル静岡県浜松市西区舘山寺町静岡県浜松市南区西町静岡県浜松市南区東町細江〈町〉舞阪〈町〉静岡県浜松市西区村櫛町雄踏〈町〉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三ヶ日の関連情報