コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三千世界 さんぜんせかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三千世界
さんぜんせかい

仏教用語。三千大千世界略称。仏教の宇宙観によると,一世界とは須弥山を中心として九山八海,四洲 (四天下) や日月などを合したものであるが,この一世界が 1000個集ったものを小千世界という。この小千世界が 1000個集ったものが中千世界,この中千世界がさらに 1000個集ったものが大千世界である。この大千世界は小,中,大の各千世界から成っているので,三千世界あるいは三千大千世界という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんぜんせかい【三千世界】

〘仏〙「三千大千世界」の略。
広い世間。 「 -に頼る者もいない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三千世界
さんぜんせかい

仏教の世界観による全宇宙のこと。三千大千世界の略。われわれの住む所は須弥山(しゅみせん)を中心とし、その周りに四大州があり、さらにその周りに九山八海があるとされ、これを一つの小世界という。小世界は、下は風輪から、上は色(しき)界の初禅天(しょぜんてん)(六欲天の上にある四禅天のひとつ)まで、左右の大きさは鉄囲山(てっちせん)の囲む範囲である。この一小世界を1000集めたのが一つの小千世界であり、この小千世界を1000集めたのが一つの中千世界であり、この中千世界を1000集めたのが一つの大千世界である。その広さ、生成、破壊はすべて第四禅天に同じである。この大千世界は、小・中・大の3種の千世界からできているので三千世界とよばれるのである。先の説明でわかるように、3000の世界の意ではなく、1000の3乗(1000×1000×1000)、すなわち10億の世界を意味する。[高橋 壯]
『定方晟著『須弥山と極楽』(1973・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三千世界の言及

【三千大千世界】より

…仏教思想において巨大な宇宙空間を示す術語。三千世界ともいう。須弥山(しゆみせん)を中心とし,地獄界や兜率天,梵天界などを含み,1個の太陽と1個の月を従えた空間を一世界と呼ぶ(現代の太陽系に相当しよう)。…

※「三千世界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三千世界の関連キーワード並木正三(なみきしょうざ)金田美穂子遍界・徧界よしこの中山みき大本教世界図天理教都良香鉄囲山天国白毫政岡娑婆

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三千世界の関連情報