コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迦陵頻伽 かりょうびんが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迦陵頻伽
かりょうびんが

仏教で説かれる想像上の鳥で極楽浄土にすみ,妙声をもって法を説くといわれ,人頭鳥身の姿に表わされる。古く中国で図様化され,浄土変相図や天井画などの建築装飾,華鬘 (けまん) などの工芸文様中にその美しい姿がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かりょうびんが【迦陵頻伽】

美声をもって知られる神話的な鳥。サンスクリットkalaviṅkaの音訳。妙音鳥とも訳される。卵の中にいるうちから鳴きだすという。極楽浄土で法を説く鳥の一つにあげられる。インドの仏教彫刻に人頭鳥身の姿で表され,美術的表現から察すると,この鳥の観念はギリシア神話のセイレンの影響をうけているように思われる。【定方 晟】
[美術]
 形像は,上半身が翼をもつ菩薩形,下半身が鳥の姿をとる。花器を両手で胸前に捧げる例や楽器を奏する例が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かりょうびんが【迦陵頻伽】

Kalaviṅka 好声鳥・妙音鳥などと意訳する〕
想像上の鳥。雪山せつせんまたは極楽にいて、美しい声で鳴くという。上半身は美女、下半身は鳥の姿をしている。その美声を仏の声の形容とする。迦陵頻。びんが。
美しい芸妓。また、美声の芸妓。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迦陵頻伽
かりょうびんが

仏典にみえる鳥の名。サンスクリット語のカラビンカKalavikaの音写。歌羅頻伽(からびんが)、羯羅頻伽、迦毘伽羅(かびから)、迦陵頻とも写し、鸞(らん)、哀鸞(あいらん)、妙声、美音、美音言、好声鳥、好音声鳥などと訳される。インドホトトギスのこととされ、スズメに類した鳥であるが、ことにその声の美しいことで有名。雪山(せっせん)に住む美声の鳥であるとも、極楽(ごくらく)の鳥であるともいう。浄土曼荼羅(じょうどまんだら)絵では人頭鳥身の姿に描かれる。なお迦陵頻の舞は、仏を供養する法会(ほうえ)に行われた古い舞楽の名である。[伊藤瑞叡]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

迦陵頻伽の関連キーワードkalaviṅka浄土曼荼羅透彫り龍安寺荘厳具迦陵頻頻伽蒔絵頻鳥

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迦陵頻伽の関連情報